【ナルト】封印術・獅子閉哮(ししへいこう)の強さ考察、点穴を閉じてしまう強力な術!

ナルトワールドには非常にバリエーションの豊かな封印術が存在する。

今回はそんな多彩な封印術の中から“封印術・獅子閉哮(ししへいこう)”について考えていきたい!

獅子閉哮は、対象者の点穴を徹底的に塞いでしまう強力な封印術だ!

【スポンサーリンク】

封印術・獅子閉哮(ししへいこう)の強さ考察、点穴を閉じてしまう強力な術!

封印術・獅子閉哮を使われると以下のような感じになる。

この術は封印式を地面や壁などに描き込み、対象のチャクラを徹底的に完封してしまう術として有名だ!

封印式の中央に記された“閉”の文字に触れた者の点穴を閉じることで、対象の行動を大きく制御してしまうのがこの術の骨子といえる!

獅子閉哮
ナルト秘伝・者の書より引用 封印術・獅子閉哮(ししへいこう)はこんな感じ

獅子閉哮によって点穴を塞がれてしまった忍は、もはや翼をもがれた鳥のようだ。

自分の最も得意とするチャクラ分野を抑えられてしまうことによって、ほとんどの能力が使用できなくなってしまうことだろう。

そういった面を踏まえると獅子閉哮は非常に強力な術なわけだけど、実は弱点も存在するんだよね。

それは“対象をピンポイントで封印式内に誘い込むのが難しい”ということ。

この弱点さえクリアしてしまえば、かなり使い勝手の良い戦闘手段になるんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

色んな術との組み合わせが有効!

獅子閉哮の強力な点として、封印式を“仕込んでおく”ということが出来るという点があげられる。

封印式を仕込むことが出来るということはつまり“汎用性が高い”ということになるだろうね!

例えば、白兵戦には不向きな忍だったりしても、これを仕込んだ忍具を持っておくことによって充分な戦力としてカウントすることができるようになる。

また、他にも傀儡と組み合わせて使用したりすることが出来るのも大きなメリットといえるだろう!

ちなみにバトワンなら“奈良一族の影縛り系”と相性がいいように感じてならないところだ!

影縛りの術系列にも忍具に仕込むことが出来るものがあるし、相手を縛ってから捕縛してしまえば充分に戦える。

ここまでガッチリ封印してしまえば、相手を倒し切ることだって簡単だろうしね!

相手を縛ってチャクラを封印し、首を掻っ切る。

たったこれだけで、本来は勝てないであろう相手に対しても逆転を狙うことができるようになるんだ。

使用者がチヨということもあって使用難度は高めのような気もするけど、この術が一般忍者に浸透してしまったらナルトワールドの勢力図は大きく変動することになってしまうかもしれないね!

【スポンサーリンク】