【ナルト】封印術・虎視眈弾(こしたんだん)の強さ考察、超獣偽画の応用封印術!

サイの得意とする超獣偽画を応用した封印術・虎視眈弾(こしたんだん)。

今回は数ある封印術の中から、この術について考察を深めてみよう!

巻物に描かれた虎を実体化させることによって放たれる強力な封印術のひとつだ!

【スポンサーリンク】

封印術・虎視眈弾(こしたんだん)の強さ考察、超獣偽画の応用封印術!

虎視眈弾(こしたんだん)を使った感じは以下。

相手に噛み付いた虎がしっかりと絡みつき、その動きを拘束していることがわかる!

超獣偽画ならではの墨汁で描かれたデザインがめちゃくちゃ渋い!!

封印術・虎視眈弾(こしたんだん)
ナルト秘伝・陣の書より引用 封印術・虎視眈弾(こしたんだん)はこんな感じ

巻物に描かれた虎を実体化させ標的を捕縛した後は、そのまま巻物の中へ相手を連れ去り封印してしまう。

さまざまな封印術があるけど、巻物の中に引き込んで封印してしまうスタイルは珍しいんじゃないかな?

一度封印されてしまった対象は巻物中の絵画の一部にされてしまい、脱出することが不可能になってしまう。

原作の中では、第四次忍界大戦の最中“穢土転生”によってこの世に舞い戻った忍たちを封印するために用いられた!

暗部養成機関で訓練を積んでいた経験を持っているだけあって、封印術に関しても一級品だといえるだろう!

【スポンサーリンク】

動物の絵を実体化して操る!

この封印術・虎視眈弾を見ても分かる通り、サイの能力は非常に高い。

戦闘能力も高いけど、何より超獣偽画の特異性が目立つところがあって良いよね!

同世代であるネジやリーと比較してどうか?という意見もあるみたいだけど、ああいった近接戦タイプにはない良さを持っているのがサイの強み。

超獣偽画の応用範囲は作中トップクラスだと思うし、索敵・暗殺・戦闘を含め、あらゆる部分で活躍する事が出来る柔軟性を秘めている!

まさに忍の里のスパイ“暗部”に相応しい能力であるといえるかもしれない!

ちなみにその中でも“封印術・虎視眈弾”は元々ダンゾウが対大蛇丸用に開発したものといわれている。

大蛇丸のような強力な忍を相手にしても封印してしまう可能性を秘めた虎視眈弾の底力。

原作での立ち回りでも充分なインパクトを残したこの忍術だけど、立ち回り次第ではこの何倍も重要なポジションを担うことがあってもおかしくなかったんじゃないかな!

人気の忍術なだけに、現在新連載されているボルトワールドでも再登場する可能性は極めて高い。

今後の超獣偽画・超神偽画・虎視眈弾といった、サイ絡みの忍術の再登場にも期待して読み進めていくとしよう!

【スポンサーリンク】