【ナルト】式紙(しきがみ)の舞の強さ考察、小南の術が美しすぎる!

いやー、なにはともあれ小南の術って美しすぎるよね。

紙を使っての戦闘スタイルも鮮やかだし、今でも人気キャラな理由がわかる気がする!

今回はそんな小南の術の中から“式紙の舞”について触れていきたい!

【スポンサーリンク】

式紙(しきがみ)の舞の強さ考察、小南の術が美しすぎる!

式紙の舞を使った感じは以下。

自らの体を無数の紙にしてしまい、移動や変形を自在に行うことができてしまう術。

小南の術にはいろいろ謎な部分が多いけど、この術はとくにその傾向が強いんじゃないかな!

式紙
ナルト秘伝・者の書より引用 式紙(しきがみ)の舞はこんな感じ

小南はこの式紙の舞によって、自分の体をバラバラの紙にすることが出来る。

この術ってこれまで登場してきたどの術とも違う感じで異質だよね。

また、何かしらのトリックがあってこのように“見える”のであれば理解できるんだけど、式紙の舞に関しては“実際にこうなってるっぽい感じ”だから驚きだ!

作中では特別指摘されていなかったみたいだけど、ある意味“血継限界”みたいな感じのものなんだろうか?

作中にはいろいろなタイプの術が登場してくるけど、秘伝忍術の領域を超えてしまっているような気すらしてしまう!

相手からしても相当捉えにくい術だと思うし、それはイコールでこの術の“厄介さ”と結びつけることが出来るはずだ!

【スポンサーリンク】

ボルトで再登場して欲しい2つの忍術のうちのひとつ!

小南の使用する式紙の舞に関しては人気の術だっただけにBORUTOでの再登場に期待したいところだ!

バトワン的にはそれくらい小南の使用する“紙忍術”は好きだったり。

あとはデイダラの“起爆粘土”ね!

紙を使用する小南の忍術スタイルと、起爆粘土を用いるデイダラのスタイル。

パワーインフレしてしまって単純な上位交換が代わる代わる登場してくる他の忍術と比較して、この2つの忍術は後のボルト世代でも充分なインパクトを残すことが出来るはずだ!

賛否両論いろいろな解釈の仕方が出来るとは思うけど、特に式紙の舞はいつ再登場してきてもきっと盛り上がることだろうね!

小南に関してはキャラクター敵にもなかなか良い感じだったと思うから、穢土転生などによる強引な復活ではなく、何かしらナチュラルな形で術だけがリサイクルされる…といった感じがバトワン的な好みかな!

あんまり死者蘇生ばっかりしすぎてしまうと“死が軽くなる”感じがしてしまうし、小南の蘇生はちょっとやめて欲しい気がするかも。

とはいえ生き返ったら生き返ったで盛り上がるんだと思うけどね!

ボルトワールドはまだまだ無数に未来の選択肢が広がっているだけに、過去に活躍した術の再登場に胸が高鳴る!

【スポンサーリンク】