【ナルト】影掴みの術の強さ考察、シンプルながら万能な忍術!

天才的な頭脳を持つ忍、奈良シカマル。

彼の使用する忍術は、対象の“影”に影響を及ぼすものが中心だ!

もともと強力な忍術ではあるものの、彼自身の頭脳がずば抜けて優れていることも相まって、更に強力な忍術として成立している!

【スポンサーリンク】

影掴みの術の強さ考察、シンプルながら万能な忍術!

以下は影掴みの術を使用している奈良シカマル。

通常の影縛りなどと比較して、影の強度を上げるために影を編み上げていることがこの忍法の特殊なところだ!

影を操るなかりか、影を編み上げることで更なるパワーを発揮している!

影掴み陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 影掴みの術はこんな感じ

使用の際には相当量のチャクラを必要とする者ものの、どんな巨漢でも強引に動かすほどのパワーを持つのが影掴みの術の特徴。

倍加の術で術で巨大化したチョウジの巨体をも支えるほどのパワーはこれまでのシカマルにはなかったし、それらのことを踏まえるとかなり強力な忍術にカウントできるんじゃないだろうか!

さすがに尾獣クラスのサイズを縛るにはキツいと思うけど、普通の忍の動きを拘束するくらいであれば充分な効力が期待できるだろう!

チョウジの肉弾戦車を掴んで武器にするなど、シンプルでありながら応用範囲の極めて高い優秀な性能を誇る!

使い方次第ではまだまだバリエーション豊富に活用することができそうだ!

【スポンサーリンク】

シンプルイズベスト、影掴みの応用力について。

色々な忍術が登場するナルトワールドだけど、その中でも影掴みはチートってほどでもないわりに“特徴が際立っている忍術”のひとつであるといえる。

戦闘能力を一気にブチ上げてチート忍術を作り上げてしまえば“差別化”はしやすいというもの。

しかし、シカマルの能力に関しては“能力そのものにしっかりと特徴がある”という点で異彩を放っているといえるだろう!

また、バトル漫画にありがちな“強ければOK”な価値観に対し正面から対抗している点も高評価がつけられるんじゃないかな!

相手に強烈なダメージを与える技は確かにバトル漫画の彩りとして必要不可欠。

しかし、シカマルのような特色ある“限定条件下でしか使えない忍術”こそ、その工夫の過程に面白さがあるといえるだろう!

実際のところ、シカマルが影縛り・影掴みなどの忍術を使用する時は、大抵の場合思いっきり活躍してくれるしね!

味方との連携を取ることでさらに高い効果を得ることが出来る影掴み・影縛りなどの“シカマル忍術”は、現在新たにスタートしているBORUTOシリーズにおいても重要な役割を担ってくることは間違いないはずだ!

【スポンサーリンク】