【ナルト】影縫いの術の強さ考察、攻撃&捕捉に使用できる秘伝忍術!

めっちゃ智謀&頭脳が光って格好いいシカマル。

今回はそんなシカマルの“影縫いの術”について考えてみたい!

その描写を見てもわかるけど、めちゃくちゃ格好良くて惚れ惚れする!!

【スポンサーリンク】

影縫いの術の強さ考察、攻撃&捕捉に使用できる秘伝忍術!

影縫いの術を使用してる感じは以下。

いやコレ、めっちゃ格好いいでしょ何コレ!

奈良一族の秘術である影を利用した忍術の中でも、かなり好きな忍術の部類に入るかも!

影ぬいの術
ナルト秘伝・者の書より引用 影縫いの術はこんな感じ

影真似の術の真骨頂は“実体化した影”を用いて相手を攻撃したり補足したりすること。

もはや“実体化した影”というのがよくわかんないんだけど、格好良いから良しとしよう!

自らの影を複数の針みたいな感じに変化させて、さらにその1本1本を個別に制御することが出来るシカマル。

これほどまでの量をコントロール出来てしまうのは、シカマルのずば抜けた頭脳があるからこそだろう!

バトワン的には作中でもかなり強力な忍術だと考えているけどどうだろうか!

ぶっちゃけ描写を見た限り“実体化した影”“普通の影”も、違いがよくわからないが故に、暗い場所とかだったら一層効果が倍増しそうな感じだ!

また、複数の標的を同時に攻撃することが出来るのと同時に、影の糸を使い縫い取ることによって相手の自由すらも奪うことが出来る。

つまり…強力ってこと!!

【スポンサーリンク】

奈良一族のポテンシャルって木の葉でも最強クラスでは?

これは常々思っていることなんだけど、奈良一族って木の葉でも最強クラスなんじゃないかな?なんて感じるんだよね。

確かにうちは一族とか日向一族といった名門エリートは数多く存在する。

さらに八門遁甲の陣のような、リスクと引き換えに強力な効果を発揮する忍術だって存在するのは事実だ。

しかし、奈良一族の高い知性と“影縛り系の術”の相性が、いくらなんでも優れすぎているような気がするよね。

ナルト原作の時代背景では、どうしても“うちは&日向が強力”みたいな感じになってしまっていると思うけど、もしちょっと歯車が違っていたらシカマルのようなタイプがサスケやネジといったエリートに取って代わっていたかもしれない!

特に奈良一族は忍者らしく“夜に強い”という特性を持っているし、闇に紛れて影縛りを成功させてしまえばほぼ勝ち確定って感じなんじゃないかな!

今回の“影縛りの術”に至っては“影の実体化”なるとんでもない技術を披露してくれているし、これが出来るならアレもコレも出来そう…ってコトが無数に膨れ上がるような気がする!

【スポンサーリンク】