【ナルト】心転傀儡呪印(しんてんくぐつじゅいん)の術の強さ考察、山中一族・異質のトラップ!

山中一族が心転身の術に長けていることは既に周知の事実だ。

今回はそんな心転身の術の応用番ともいえる“心転傀儡呪印(しんてんくぐつじゅいん)の術”について考察し、理解を深めていければと思う!

山中いのの個人能力がアレだからナルト本編での活躍はビミョーなラインだったかもしれないけど、山中一族が優秀な一族であることが一層理解できる気がする忍術だ!

【スポンサーリンク】

心転傀儡呪印(しんてんくぐつじゅいん)の術の強さ考察、山中一族・異質のトラップ!

心転傀儡呪印の術は、心転身の術を用いたトラップ(罠)の忍術だ。

呪印札をつけた傀儡を操作することによって相手を攻撃し、これに反撃した相手に呪印を反応させるのがトリガー。

傀儡内に込めた自分の意識と、相手の意識を交換してしまうというテクニカルな忍術だといえる!

心転傀儡呪印の術陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 心転傀儡呪印(しんてんくぐつじゅいん)の術はこんな感じ

要するに、心転身の術を“傀儡の中に閉じ込めた感じ”と考えると理解しやすいかも。

上記の傀儡はけっこうわかりやすいデザインだけど、それこそ“傀儡師”と組むと相当な威力を発揮してきそうな気がする!

また、心転身の術が本来ならば“仲間のサポート”を必要とする忍術であるのに対し、心転傀儡呪印の術は一応個人でも使用可能なのが大きなメリットだ!

【スポンサーリンク】

初見殺しの心転身!

モノにもよるんだけど、こういったバトルものには“初見殺し”というものが存在する。

初見殺しというのは、要は“どういう技かわかってれば対処できるんだけど、それを知らないと絶対に対処できない”みたいな技のこと。

こういう技は時折登場することがあるんだけど、この心転傀儡呪印の術もそれにカウントすることが出来るだろう!

「この傀儡に触ってはならない」と知っていなければ対処できないということ。

これは戦闘面においてかなり大きなアドバンテージになってくることは間違いない!

また、心転傀儡呪印の術に関しては、相手に術の仕組みを知られていたなら知られていたで、使い勝手が豊富なのが特徴だと思う!

もし、この傀儡の仕組みに相手が気付いていたとすれば、一体どのような使用方法が考えられるだろうか。

バトワンが考えるなら、例えば“中身を入れてない傀儡”を複数操作することが出来れば、相手の行動を大幅に制限することが出来るだろう。

なんならむしろ、一度この術の危険性を相手に理解させた上で“陽動・行動制限”といった側面を中心に活用したほうが効果的かもしれない!

心転傀儡呪印の術は“こういう危険な技を持っているぞ”と相手に知らしめることの大きなメリットを享受できる忍術だといえるだろう!

【スポンサーリンク】