【ナルト】昼虎(ひるどら)の強さ考察、八門遁甲の蒼き炎!

今回はマイト・ガイ大先生の必殺体術・昼虎(ひるどら)について考察していきたい!

いやー、常々そうなんだけど、ガイ先生とかリーのような“ゲジマユ組”ってなんでこうも格好いいんだろう。

もうゲジマユ組が主役でいいよ、この際!!

【スポンサーリンク】

昼虎(ひるどら)の強さ考察、八門遁甲の蒼き炎!

用いられた昼虎は以下のような感じ。

原作では干柿鬼鮫の放つ“水遁・大鮫弾”に対抗して放たれたものだ。

水遁・大鮫弾が“相手のチャクラを食らう”という性質を持っているのに対し、ガイの一撃は全くチャクラを使わない純粋な体術。

当然ながら鬼鮫にとって天敵となる一撃であることは間違いない!

昼虎陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 昼虎(ひるどら)はこんな感じ

昼虎は八門遁甲・第七門“驚門”を開くことで発動する空圧正拳。

振り抜いた拳は上記カットのように獅子のような形状を取り、相手へと向かい収束していく!

さらに、相手に直撃した直後はその背後にまで影響を及ぼし、木々や大地をえぐり取るほどの破壊力を見せた!

空圧を使った正拳突きによってこれほどまでの爆発力を生むことが出来る八門遁甲。

この攻撃力が高ければ高いほど、強いほどに、ガイ先生の身体が心配になってしまうところだね。

とはいえこの時、昼虎を使用することがなかったら、物語は全く違う方向に展開してしまっていたかもしれない。

八門遁甲によって放たれる空圧正拳、昼虎。

その一撃の凄まじさは、今でも鮮烈に記憶に残っている!!

【スポンサーリンク】

八門遁甲の陣の凶悪性!

強力な身体能力を得るのと引き換えに自分の肉体に激烈なダメージが残る八門遁甲の陣。

リスクがかなり大きいだけに、その効果はまさに絶大だ!

今回考察した“昼虎”もそうだし“夕象”だってそう。

あるいは“夜ガイ”だって当然、使用する際のリスクはとんでもなくデカい。

これだけデカいリスクを背負って放つ一撃だからこそ、ゲジマユ組の情熱や根性が乗っかって、一層格好良く見えてくるのかもしれないよね!

チャクラがなくても忍になれる。

そんな恵まれないロック・リーのような存在に、希望の光として与えられた秘術、八門遁甲。

“チャクラを使用しない純粋な体術”という側面も持っていることも、その特異性のひとつに数えることが出来るといえるだろうね!

ハラハラするからあんまり使ってほしくない技ではあるんだけど、これがあるから盛り上がる側面もあるし、見守る側としては複雑な心境になってしまうかもしれない!

少なくとも決して変わらない点は“ゲジマユ族って格好いいよね”という部分くらいだ!!

【スポンサーリンク】