【ナルト】朝孔雀(あさくじゃく)の強さ考察、ガイの使用する超連撃!

八門遁甲の内、六門・景門までを開門して放つ朝孔雀(あさくじゃく)。

今回はこの朝孔雀について考えていきたいところだ!

もうね、この暑苦しい&むさ苦しいところが格好いいぜよ!!

【スポンサーリンク】

朝孔雀(あさくじゃく)の強さ考察、ガイの使用する超連撃!

朝孔雀を使用している時のガイは以下のような感じ。

身体能力を徹底的に高め、無数の拳で敵を打ち砕く壮絶な技だ!

もはや何発敵に叩き込んでいるのかわからない、百烈拳ばりの連撃に胸が熱くなる!!

朝孔雀者
ナルト秘伝・者の書より引用 朝孔雀はこんな感じ

攻撃力とスピードに関しては、八門遁甲使用中のガイは圧倒的。

摩擦によって炎が生じるほどの連撃で相手に攻撃を加え、相手には吹き飛ぶ好きすら与えないほどのラッシュを叩き込む!!

ガイの攻撃手段は常にかなりゲキアツだったりするわけだけど、摩擦で炎を出すってことは朝孔雀はその中でも“特にゲキアツ”だいって良いのかもしれないね!

炎の飛び散る様が孔雀が尾羽を広げる姿に似ていることから命名されたらしく、またこの技を解禁した戦いでは必ず勝ってきたという。

マイト・ガイの使用する必殺体術の中では、紛れもなく強スキルのうちにカウントできることだろう!

【スポンサーリンク】

八門遁甲のリスクを背負ってまで…

八門遁甲の陣はご存知の通りナルト世界の中でダントツにリスクの高い技だ。

引き換えに得られる力はとてつもないけど、術者に帰ってくる反動もデカい!

体術だけに狙いを定めて、文字通り自分の青春をささげたガイ&リーの師弟だからこそ、八門遁甲を使いこなすことが出来たんだろう。

しかし、八門のうち景門以降を開いている時の状態を見ると、見ている側のほうがハラハラしてしまうのも確かだ。

彼らにもう少しでも忍術を扱うことが出来たなら…。

体術を磨き上げたからあそこまで活躍できたことは紛れもない事実だけど、体術を極めたからあそこまで自分を酷使することになったのもまた確か。

このあたりを踏まえると、彼らが八門遁甲を身に着けたことが良かったことなのか悪かったことなのか判断が難しくなってしまうところだ!

とはいえそのリスク&デメリットを引き受けているだけあって、八門遁甲を駆使している時の彼らの戦闘能力は凄まじいものがある。

朝孔雀、昼虎、夕象、夜ガイに代表されるマイト・ガイの体術が、八門遁甲の威力の高さを物語っているといえるだろう!

今後の続編であるBORUTOシリーズでもきっとどこかのタイミングで八門遁甲は登場すると思うから、その日を心待ちにワクワクしながら待ちたいと思う!!

【スポンサーリンク】