【ナルト】毛針千本(けばりせんぼん)の強さ考察、ゲゲゲの鬼太郎で見たことあるアレ!

今回は自来也の使用する“毛針千本(けばりせんぼん)”について考察し、理解を深めていきたい!

この忍術はあれだ、ゲゲゲの鬼太郎で見たことあるような無いような感じの忍術。

ある意味“馴染みがある”感じでポップだよね!

【スポンサーリンク】

毛針千本(けばりせんぼん)の強さ考察、ゲゲゲの鬼太郎で見たことあるアレ!

毛針千本を使っている感じは以下。

この術は自分の頭髪を固くして、相手に対して打ち付ける術。

相手からしたら超固い髪の毛が大量に飛んでくるんだから、たまったもんじゃない!!

毛針千本
ナルト秘伝・者の書より引用 毛針千本(けばりせんぼん)はこんな感じ

いくら細っそい髪の毛だとしても、自来也ほどの忍がチャクラを通して打ち込めば、相当なインパクトになるだろう!

また、相手がこの術に対して“初見”だったとしたら、意表を突く効果だってありそうだ。

バトワンがもし友達にいきなり髪の毛を大量に飛ばされたとしたら、正直あわてふためいてしまう自信がある!

ちなみにこの攻撃に関しては、仙人モードの中で最速クラスの攻撃速度を持つという!

しかし、この攻撃を使ったら頭皮にダメージが残るのではないだろうか?

誰しもがその辺りをまず最初に懸念することだろう。

しかしこの辺りはまさにお見事、アデランスも驚きの頭皮ケアが用意されていた!

【スポンサーリンク】

脅威の頭皮ケアと乱れる頭皮と生態系!

なんと自来也が射出した髪の毛に対しては、脅威の頭皮ケアが行われている。

毛針を討つと同時フカサクとシマが自来也の毛根を活性化しているというのだ!

おぉ、なんということだ。

フカサクとシマは髪の毛を生やすことすら出来るということじゃないか!

上記のカットを見る限り、髪の毛を飛ばしているスピードは相当早そうな感じ。

つまり、これを補うほどの頭皮活性化を行っているということは、頭皮は相当に刺激され、猛烈なスピードで髪の毛が生えてきているということだろう。

男性の悩みのひとつとして、薄毛・ハゲというものが存在するわけだけど、仙術チャクラを使用すればそんな悩みとも簡単にオサラバ出来るっぽい感じだね!やばい!

こんなことまで出来てしまうことが広まってしまったら“増毛を狙う忍”が妙木山に大挙して押し寄せ、フカサクとシマの身柄を狙い始めるに違いない!

場合によっては彼らから“増毛の方法”を盗み取り、商売を始めようとする忍だって要るかもしれない。

そうなってしまっては、現在ナルトワールドに存在している(無いかもしれないけど)カツラ屋さんは相次いで倒産してしまうことだろう。

“髪の毛を生やす”ことが、髪の毛を生業にしている人々の生態系を破壊する。

チャクラによる増毛技術の発展によって職を失ってしまった人々は、きっと妙木山のガマたちを恨むに違いない。

確かに仙術チャクラは頭皮を再生するのかもしれないけど、それは同時に一部の人の人生を破壊することに繋がりかねないのだ。

しかし逆に、頭皮から髪が生えてきたことで“人生を取り戻す人”も出てくるだろう。

新たなテクノロジーの登場によってニッチが変わり、生存競争のヒエラルキーに変動が起こる。

毛針千本の土台を支える“増毛効果”には、そのような恐るべき側面があるのかもしれない…。

【スポンサーリンク】