【ナルト】水化(すいか)の術の強さ考察、変幻自在で面白い!

今回はナルトワールドの忍術の中から“水化の術”について考察していこう!

こういう“必ずしも戦闘向けじゃない”みたいな忍術とかは、見ていて飽きないというか面白いよね!

派手さが全てじゃない…って感じだと思うし、うん、こういうの好きだ!

【スポンサーリンク】

水化(すいか)の術の強さ考察、変幻自在で面白い!

水化の術を使っている感じは以下。

自分の体を自由自在に液体に変化させ、物理攻撃によるダメージを無力化してしまうというものだ。

雷遁とかのダメージは通ってしまうわけだけど、変幻自在で面白い!

水化(すいか)の術
ナルト秘伝・者の書より引用 水化(すいか)の術はこんな感じ

この忍術の良いところは、近距離の殴り合い・斬り合いとかになった時に若干有利になるところだろう。

相手の公的を回避する時に使用できるから、打撃・斬撃中心の相手には良いかもしれないね!

リーとかガイみたいな“体術中心”の相手とかにも相性が良さそうだ!

とはいえ彼らは“八門遁甲”を使ってあり得ない動きをしてしまうところがあるから、水化の術があるイコール対体術対策は万全…とはいかないと思うけどね!

ともあれ、相手が並の忍出れば、水化の術はかなり有効な肉弾戦対策になるんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

潜入するときとかも使える!

また、バトワン的にチェックしていきたいのはこっち方面。

相手の城に潜入するときとかに使えるのが良いよね、この術は。

液体になっているから狭い隙間とかにもバレにくく入っていける感じだし、液化した状態から不意打ちしたりすることも出来る。

やっぱり現代漫画といえば“戦略性の高さ”と言うのは重要だと思うし、そっち方面での活躍に期待したいところだ!

ちなみに弱点として“密封された容器に閉じ込められると身動きが取れなくなる…”というデメリットもあったりする水化の術。

これくらいわかりやすくコミカルな弱点を設定しくれると、読んでいても清々しい感じがしてしまうよね!

誰にでもわかりやすくコミカルでシンプル。

それでいて必然性があり、強すぎず弱すぎず個性がある。

さらに使い方次第では強力になったり、逆に徹底的にボコられてしまうようなデメリットがあったりする。

そういった特徴的なスキルこそ現代漫画の醍醐味だと思うし、そういった意味では水化の術はかなり目立ってると言っていいんじゃないかな!

うん、着眼点的にかなり地味なほうに入っちゃうかもしれないけど、やっぱこういうの好きだわ!!

今後のBORUTOでもぜひ再登場してほしいくらいポピュラーで使いやすい忍術だと思う!

【スポンサーリンク】