【ナルト】溶遁・溶怪の術の強さ考察、血継限界・溶遁の荒業!

照美メイが使用した溶遁・妖怪の術。

今回は血継限界のこの忍術について考察し、バトワンなりに理解を深めていければいいと思う!

照美ファンとしては、この忍術は捨て置けない!!

【スポンサーリンク】

溶遁・溶怪の術の強さ考察、血継限界・溶遁の荒業!

溶遁・溶怪の術を使用している感じは以下。

照美メイが口をプクっと膨らましている感じがなんとも可愛い!

以前考察した“沸遁・巧霧の術”のときもそうだったけど、彼女の忍術を考察していると、むしろ彼女の可愛さのほうに目が行ってしまう!アカン!!

溶遁・溶怪の術
ナルト秘伝・陣の書より引用 溶遁・溶怪の術はこんな感じ

体内のチャクラを強酸性の液体に変換し吹き出す溶遁・溶怪の術。

あらゆるものを溶かす強酸性の液体は、相手に脅威を与えるのに充分な役割を果たすだろう!

また、この液体は粘度も高く、形状もある程度自由になるという特性を兼ね備えている!

よって、この液体に関しては様々な応用が利くというメリットがあるようだ!

チャクラも血継限界も使い用。

適材適所で理想的に応用することが出来れば、どのような忍術でも高い効果を得るというもの。

しかし、溶遁・溶怪の術はあからさまに応用範囲が広く、さして頭をひねらなくても様々な応用が出来る点で都合がいい忍術だと思う!

【スポンサーリンク】

様々な活用方法があるからこそ!

溶遁・溶怪の術には様々な活用方法がある。

例えば細かく打ち出すことによって射程距離や弾速を高めることも可能だったり。

また、壁を作って道を防ぐ…といった使用方法も出来ることがすでに判明している!

一応液体だから強烈な攻撃をガードできるかというとNOかもしれないけど、これだけの使い勝手があれば充分に立ち回ることが出来るといえるんじゃないかな!

少なくとも投げられたクナイや手裏剣くらいであれば、充分にガードしつつ溶かしてしまうくらいの防護壁として役立てることは出来るはずだ!

他にも足止め用のトラップとして使用したり、相手の注意を引いて狙ったの位置に誘導するための誘導射撃としても使うことが出来そうだ!

カグヤとかマダラみたいなチート級の相手でもない限り、充分に対応していける柔軟性を持ち合わせた忍術だといえると思う!

こういう柔軟で対応力のある部分を鑑みると、照美メイが水影として活躍していたことも理解できてしまうところだ!

BORUTOではすでに水影の座を退いちゃっているみたいな感じだけど、その優秀な忍術はきっと健在。

いつか再登場して再び活躍してくれる日を楽しみに待ちたい!!

【スポンサーリンク】