【ナルト】火遁・炎弾(えんだん)の強さ考察、自来也の吹く炎!

数多く存在する火遁シリーズ。

今回はそんな火遁シリーズの中から、火遁・炎弾について考察してみたいところ!

すごい勢いで炎を吹き出す忍術、なんか楽しそう!!

【スポンサーリンク】

火遁・炎弾(えんだん)の強さ考察、自来也の吹く炎!

火遁・炎弾を使用する自来也は以下のような感じ。

チャクラを錬成した油を含み、それを吐き出すと同時に火遁の術で着火、炎弾にして相手に攻撃するのがこの術の骨子だ!

別にチャクラを錬成しなくても普通にこんな感じになると思うけど、チャクラを錬成することで燃焼時間をアップしている感じかな?

炎弾
ナルト秘伝・者の書より引用 火遁・炎弾(えんだん)はこんな感じ

火遁・炎弾は“蝦蟇油弾(ガマあぶらだん)”で相手を油まみれにした状態で放てばかなりの殺傷能力を持つと言われている。

ここもガマ油である必要が疑わしいところなんだけど、うーん。

火遁の術で生み出される炎はもしかして、普通の炎とはまた別のものだったりするのかな?

それともナルトワールドの“炎”は、チャクラに反応する性質を自然由来で持っている感じなんだろうか。

強力な術はある程度シンプルだったりするんだけど、こういった基本的な忍術のほうが逆に多くの謎を抱えているような気がしてしまうところだ!

【スポンサーリンク】

炎弾って使い道はどうなんだろう?

そんなこんなで謎な部分が多い火遁・炎弾だけど、使い勝手はどうなんだろう?

蝦蟇油弾を使用した応用も当然強力だし、森みたいな着火するフィールドでは結構猛威を振るう感じかもしれない!

また、火遁は全般的に“日常生活”に使える傾向があるのが良いよね!

さすがにサスケの“天照(あまてらす)の炎”とかでお米を炊いたり風呂を沸かしたりする気はしないけど、火遁・炎弾でやるならちょっとわかるかも。

これだけの大火力であれば、きっとパラパラのチャーハンが作れることは間違いないだろう!

しかし、上記の内容を読んでもらえれば分かる通り、火遁・炎弾は“むしろ日常生活のほうが使い勝手が良さそう”な印象を受けてしまうのも確か。

戦闘面では周りを巻き込んでしまう危険性とかもあるし、なんだかんだいって使い勝手が狭いようだ。

とはいえ火遁は“全般的には”戦闘面で優秀な効果を発揮していたりする。

火遁・豪火球の術とか火遁・大炎弾に関してはかなり攻撃力も高いっぽい感じだしね!

まぁ火遁・炎弾に関しては、火遁・大炎弾のための布石みたいな感じで受け止める程度でいいんじゃないかな!

ちなみにそこまで習得難易度は高くないみたいだから、続編のBORUTOでは再登場するかもしれないね!

【スポンサーリンク】