【ナルト】火遁・爆風乱舞(ばくふうらんぶ)の強さ考察、オビトの用いた強力な火遁!

うちはオビトの用いた火遁・爆風乱舞(ばくふうらんぶ)。

写輪眼の効力を交えて放たれた忍術だけに、一層タチが悪かったりするのがこの忍術だ!

今回は数あるナルトワールドの忍術の中から、火遁・爆風乱舞(ばくふうらんぶ)について考察し、理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

火遁・爆風乱舞(ばくふうらんぶ)の強さ考察、オビトの用いた強力な火遁!

火遁・爆風乱舞(ばくふうらんぶ)は以下のような感じ。

神威を用いて強烈な旋風を呼び寄せて、火遁の炎を吹き出すことで炎の渦を生みだす忍術だ!

爆炎は強風を帯び、さらなる炎へと燃え盛る…そんな自然の摂理を最大限に加速させたのがこの忍術の骨子だといえるかもしれない!

火遁・爆風乱舞陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 火遁・爆風乱舞(ばくふうらんぶ)はこんな感じ

上記カットを見ても分かる通り、黒い炎が勢い良く渦を巻いて燃え盛っている!

広範囲に渡って攻撃が及ぶため回避が難しいことと螺旋を描いて敵を包み込むことによって二重・三重に回避の難度がアップしているのも火遁・爆風乱舞の特性の一つに数えられるだろう。

また、一度渦に身を絡め取られてしまった場合、爆炎のみならず熱波に苦しみながら焼き尽くされてしまうという。

爆風乱舞による“炎の竜巻”が生み出されたことは、組み合わせ次第で無限に忍術が生まれてくることのひとつの好例としてカウントしてしまって差し支えないはずだ。

【スポンサーリンク】

無限の組み合わせによって進化する忍術!

これまでも色々な忍達が工夫に工夫を重ねて進歩させてきた忍術。

そのひとつひとつにたゆまぬ努力があったことは疑いようのない事実だ。

しかし、うちは一族のような“天才の一族”にとっては、新たな技を1つ覚えることがそのまま“技のバリエーション”を激増させるきっかけになることがある。

その典型例が写輪眼や輪廻眼といった“開眼系のやつ”だといえるだろう!

仮に現在保有している忍術が10個あったとして、そこでひとつの能力に開眼したとしよう。

そうすれば、現在保有している忍術と同じ数だけの組み合わせが新たに生まれ、トータルで20の組み合わせを保有することになる!

これまで使用してきた忍術に、新たな能力を掛け合わせていくことによって、戦闘性能は飛躍的に向上するはずだ!

ナルトワールドでは“忍の歴史=戦の歴史”みたなところがあるけど、それもこれもこういった“天才の一族”の持つ組み合わせのセンスや、新たな忍術を生みだす発想力が原因のひとつになっているのかもしれないね!

一部の天才がちょっとのキッカケで生み出した大量の強力な忍術。

それに対抗するために世界の忍達が日々努力を繰り返していく…。

そういった構図がナルトワールドの根底には流れているのかもしれない…!!

【スポンサーリンク】