【ナルト】火遁・豪火滅却(かとん・ごうかめっきゃく)の強さ考察、マダラの用いた強力な豪火!

うちはマダラの用いた火遁・豪火滅却(かとん・ごうかめっきゃく)。

数ある火遁忍術の中でも、かなり屈指の攻撃性能を誇る忍術であると言えるのではないだろうか!

今回はそんな火遁・豪火滅却について考察し、理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

火遁・豪火滅却の強さ考察、マダラの用いた強力な豪火!

以下は火遁・豪火滅却を使用すうちはマダラ。

体内で練り上げたチャクラを灼熱の炎ん転換して、口から放出するのがこの忍術の骨子となる!

そして、この炎によって豪火の嵐を発生させ、辺り一面を火の海にしてしまう…という強力な忍術だ!

火遁・豪火滅却陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 火遁・豪火滅却はこんな感じ

さすがはマダラ!と感嘆せずにはいられない火遁・豪火滅却。

かなり広範囲にわたって炎の影響力を反映させることもあってか、回避することはおろか防御すら難しいとされる。

また、火遁に対して有効であると考えられる水遁・水陣壁のような防壁忍術でさえも防ぐことができないほどの威力を誇っていることから、火遁の中でも脅威のレベルはトップクラスに位置づける事が出来るだろう!

サスケが序盤に使用した火遁・豪火球の術の“超・上位交換”とでもいったところだろうか!

【スポンサーリンク】

うちはマダラの潜在能力!

うちはマダラの能力は、知っての通り極めて高い。

火遁・豪火滅却の術はその潜在能力の高さと脅威を、あからさまに示した忍術のひとつに数えることが出来るだろう!

さすがは“うちは一族”というだけあって、他にも灰塵隠れの術など様々なバリエーションの火遁を駆使することが出来るため、戦い方次第では原作で猛威を振るった以上の脅威になっていてもおかしくなかったと思う。

特に、火遁という性質がそもそも近接戦に強くパワー溢れる属性を持っているわけだよね。

これに加えてうちは一族特有の写輪眼・輪廻眼といった瞳術が組み合わされば、そりゃ忍界全体に脅威をもたらす忍になっても全く不思議ではないというものだ!

写輪眼・輪廻眼を抜きにしても…

うちはマダラに関しては“輪墓・辺獄”ような強力な技も多数持っているため、火遁などといった基本的な忍術がその影に隠れてしまいがちな部分があると思う。

しかり、写輪眼・輪廻眼はナルトワールドにおけるいわば“チート能力”に分類される。

その忍本来の能力・才能を計るのであれば、こういった血継限界を抜きにして考えたほうがいいのかもしれない。

そういった側面からうちはマダラを再評価したとしても、やはり彼が“優秀な忍”であることは揺るぎない事実だと思うんだよね。

写輪眼・輪廻眼に頼るのではなく、得意な火遁を中心とした能力だけをピックアップしたとしても、彼は充分に強力なはずだ!

【スポンサーリンク】