【ナルト】火遁・豪龍火(ごうりゅうか)の術の強さ考察、サスケの放つ火炎放射!

だいたい“口から火を吹く系”の技が集中する火遁系列。

今回考察していく、火遁・豪龍火の術もそんな火遁のひとつだ。

しかし、サスケが放つ火炎ってこともあって、威力はとんでもなく高い様子!!

【スポンサーリンク】

火遁・豪龍火(ごうりゅうか)の術の強さ考察、サスケの放つ火炎放射!

火遁・豪龍火の術は以下のような感じ。

吹き出した炎が龍の形になって対象めがけて襲かかる!!

龍の形をしているということで威圧感もかなりある必殺の火遁!って感じだ!

火遁・豪龍火
ナルト秘伝・者の書より引用 火遁・豪龍火(ごうりゅうか)はこんな感じ

ナルトワールドの火遁は基本的に口から吹き出すものが中心。

火遁・炎弾とかもその類だったしね。

しかし上記カットでサスケによって放たれた火遁・豪龍火の術は、他の火遁と比較しても圧倒的な迫力を持っているといえるんじゃないかな!

この忍術は、体内で練り上げた大量のチャクラを圧縮して放つことが出来、熟達してくれば連續で発射することも出来るとのこと。

また、術の攻撃範囲よりも威力と確実性を重視している側面があるので、無駄に燃えひろがない点でも使い勝手が良いかもしれない!

豪龍火によって放たれた火炎はシンプルな破壊力を持って敵を焼き尽くすのだという!

数ある火遁の中でも高威力の術に分類することが出来るだろう!

【スポンサーリンク】

これを言ったら元も子もないんだけど…。

これまでナルトの忍術を色々と考察してきたわけだけど、ここに来てようやく気付いたことがある。

いや、これまでも“わざわざ動物の形を模倣する必要はあるのかな?”とは思っていたんだ。

しかし、さらに元も子もない事実に辿り着いてしまった!

よくよく考えたら、敵を倒すのにわざわざ炎や水・雷などを使用する必然性が無いんだ。

敵の性質にもよるかもしれないけど、相手に近づいてクナイか何かで急所を一突きしてしまえば大抵の場合は決着がつく…というのが普通。

ナルトワールドの忍術でいうならば、攻撃に用いられる忍術の大半がクナイなどで代用出来てしまうということになる。

また、忍術を使うために印を結ぶ隙も問題で、印を結ぶ暇があれば突き刺したほうが早い。

そういった角度からナルトワールドの忍術を分析していくと、結構必然性に乏しい忍術が多いっぽいことがわかってくる…。

たしかに対尾獣のような巨大なモンスターを相手する際に、攻撃忍術は結構重要。

しかし、対人戦においては幻術・結界・感知系などのサポート系の忍術のほうが効果が高いのではないだろうか?

これを言ってしまったらナルトワールドの魅力が一気に激減してしまうからこれっきりにしようと思うけど、ある意味では戦闘に無駄があると考えざるを得ない部分は、正直あると思う!

【スポンサーリンク】