【ナルト】粘土分身の強さ考察、一挙両得・一石二鳥の便利忍術!

今回はデイダラの使用する忍術の中から、粘土分身について考察してみよう!

この忍術は数ある分身術の中でも身代わりと捕獲の両方を兼ね備えている面白い忍術だ!

通常の分身との違いとかも色々踏まえて考えていくと、さらに興味深い!

【スポンサーリンク】

粘土分身の強さ考察、一挙両得・一石二鳥の便利忍術!

粘土分身を使っている感じは以下。

あのサスケの左腕を完全に封じきってしまっている辺り、やはりこの忍術は強力なんだろう。

身代わりの術と捕獲の両方を兼ね備えているといった面でかなり特殊であり、攻撃的な分身術だともいえる!

粘土分身
ナルト秘伝・者の書より引用 粘土分身はこんな感じ

この分身は体を貫かれた瞬間に本来の姿を表わし相手を捕まえてしまう。

実体がある分身だからこそ相手に“分身であること”を悟られにくい側面があるっぽいし、粘土がそもそも普通には“あんま馴染みがないモノ”だから、相手としてはやりづらいことこの上ないだろうね!

また、この粘土分身の中に“起爆粘土”を混入しておけば、相手の体ごと爆発させることも出来るようだ。

この術は一挙両得な攻撃手段として、再び登場してほしい忍術のひとつかな!

さすがにBORUTO世界でのインフレにはついていけないだろうからそのままの再登場は厳しいかもしれないけど、良い術なんだよなぁ、粘土!!

【スポンサーリンク】

クリエイティブな粘度忍術!

ナルトの中には論理破綻しまくってる忍術も多く存在すると思う。

しかし、逆に「これはなかなか思いつかないクリエイティブな忍術だな!」と感じるものもあるものだ!

その代表例が“起爆粘土”だといってもいいだろう!

あとはサイの“超獣偽画”とかはだいぶバトワン好みかな!

どっちもどっちでクリエイティブだけど、起爆粘土のほうが全体的には人気を獲得している印象を受ける。

やっぱり立体的な感じが良いのと、デイダラのキャラが良い感じだからだろうか!

デイダラは他の忍と比較してもキャラが立ってる感じがするし、読者層によっては“ホモ・同性愛疑惑”もあったりして、何かと話題に事欠かない人物。

賛否両論があるところだとは思うんだけど、デイダラがこれだけ多くのファンの興味を引き、長く愛されるキャラクターになったのも“起爆粘土”というクリエイティブで創造的な忍術の持ち主であったことが大きく影響しているのかもしれないね!

BORUTOでの再登場は厳しい感じだとは思うけど、起爆粘土だけは誰か他の忍にでも引き継がれていてほしいな!

面白い忍術だっただけに、このまま再登場ナシ!っていうのは少しもったいない気がするかも!

【スポンサーリンク】