【ナルト】結界・蝦蟇瓢牢(がまひょうろう)の性質・強さ考察、外界隔つ隔離空間!

ナルトワールドの数ある結界忍術の中から、結界・蝦蟇瓢牢(がまひょうろう)について考察していこう!

妙木山に住まう瓢箪蝦蟇(ひょうたんがま)を召喚する、自来也ならではの忍術だ!

ガマ関連はどうしても見ていてワクワクしてしまう、きっとカエル好きなんだな!

【スポンサーリンク】

結界・蝦蟇瓢牢(がまひょうろう)の性質・強さ考察、外界隔つ隔離空間!

使用された蝦蟇瓢牢は以下のような感じ。

蝦蟇の腹の中に標的を引きずり込んでしまうことで、外界と完全に遮断することが出来るのがこの術のストロングポイント。

自来也の口寄せするガマはどれもホント性能がバツグンに高いよね!

結界・蝦蟇瓢牢
ナルト秘伝・者の書より引用 結界・蝦蟇瓢牢(がまひょうろう)こんな感じ

蝦蟇の腹中は静けさが支配しているという。

しかし、そのなかの湖水は酸が満ちており、現世とはまた違った特別な空間っぽい感じだ。

契約者の命令によって瞬時の出し入れができる辺り、なかなかコントロールしやすい忍術のひとつにカウント出来るだろう!

数ある結界忍術の中でも、口寄せから連動させて張ることの出来る結界ということもあって、使いやすさとしてはかなり高い方にカウントできるんじゃないかな。

バトワン的にこういった忍術は嫌いじゃない!

使い道・応用範囲は狭いかもしれないけど、使い方次第ではいくらでも戦況を有利にできる…そんな結界。

術そのものの強さよりも“使い手の機転”が重要な忍術だといえるだろう!

【スポンサーリンク】

自来也と充実した結界忍術!

統計を取ったわけではないんだけど、自来也ってなんだか“結界忍術”を得意としている印象があるかも。

結界とか封印とか、そっち系のスペシャリストな印象を受けてしまうのはバトワンだけだろうか!

いや、もちろん通常の戦闘においてもかなりの戦闘能力を有しているのは間違いないんだけど、結界を組み合わせると一段とその立ち回りに柔軟性が生まれる。

そういった面から自来也を観察すると、直接戦闘も出来るキャラではあるものの「わりとトリッキーな性質をもった忍なのかな?」なんて思ってしまうところだ!

通常の戦闘能力も去ることながら、結界や封印術を交えた攻撃手法は強敵と戦う際にかなり効果的であり、相手にとっては“ウザいことこの上ない”ことだろう!

ナルトワールド全体を見ていればわかることだけど、自分の得意とする空間へ誘導することのアドバンテージは相当にデカい。

また、自来也ほどの白兵戦能力を持っているのなら、1:1で勝機が高い相手に対しては隔離空間に導くことで“紛れ”とか“イレギュラー”を限りなくゼロに近づけることが出来るだろう。

百戦錬磨の自来也だからこそ、結界や封印術を駆使することで戦闘に厚みが出ていることは疑う余地がないといえるだろうね!

【スポンサーリンク】