【ナルト】自爆分身(じばくぶんしん)の強さ考察、トリックによる誘導・翻弄!

影分身に起爆粘土を摂取させて爆破する“自爆分身”の術。

デイダラが使用する忍術だけど、これはなかなか面白いよね!

ってか、この術って作中で活躍した以上に強力なんじゃないかな?

【スポンサーリンク】

自爆分身(じばくぶんしん)の強さ考察、トリックによる誘導・翻弄!

自爆分身を使って自爆する感じは以下。

逃走・かく乱用に使用される術で、敵が分身に気を取られている隙に本体は逃走するのが主な目的だ。

しかしこの術に関してはそれだけに留まらないよね。

もし今後のBORUTOで再登場してきたら、きっともっととんでもない使い方が出来るような気がする!

自爆分身
ナルト秘伝・者の書より引用 自爆分身(じばくぶんしん)を使って爆発する!!

そもそも“影分身”自体がむちゃくちゃ応用範囲が広い技だ。

そんな影分身とデイダラの起爆粘土の相性が“悪くない”と判明したことは、とても大きいことだと思う!

なんだかんだいってデイダラクラスの忍になれば複数の影分身を同時に生みだすことも可能だろうし、そうなってくれば戦闘の幅は一気に跳ね上がるんじゃないだろうか!

そもそも忍術自体が“組み合わせ次第で無限の可能性があるもの”だけど、影分身と起爆粘土の組み合わせは強力だよねホント!

【スポンサーリンク】

変化の術とかと組み合わせるのも良さそう!

まず、自爆分身を使用するのであればさらに“変化の術”も交えると超強力になりそうな気がするよね!

ちなみに変化の術といえば以下、おいろけの術が有名だ!

影分身を使って分身し、変化の術で任意の姿に変身する。

もしこの忍術に“起爆粘土”まで組み合わされてしまったらどうなるだろう…?

女同士
ナルト秘伝・者の書より引用 おいろけの術の術はこんな感じ

相手にバレないように影分身を作り、相手の身内(仲間)の姿に変身させる。

影分身で相手の近くに接近し、確実に巻き込める範囲に近づいたら容赦なく爆破。

このような戦略を取ることだって可能なはずだ!

さらにこの時、爆弾分身によるダメージはそこまで大きくなくても大丈夫だと思う。

なぜなら、この時点で“完全に相手の意表を突くことに成功している”から。

意表を突かれてしまった対象は、一瞬“何が何だかわからない状況”になっていることだろう。

何が何だかわからない状況に相手を置くことに成功すれば、そこから追撃を加え致命傷を与えるなんて、ナルトワールドの忍ならば朝飯前なんじゃないだろうか!

影分身の術と相性の良い変化の術、そして併用できる起爆粘土。

忍術と忍術を組み合わせていくことで、忍術の“変幻自在度”はいくらでもアップする…という、好例のひとつにカウント出来るんじゃないかな!

【スポンサーリンク】