【ナルト】蛇睨呪縛(じゃげいじゅばく)の強さ考察、サスケ&大蛇丸の使用する口寄せの一種!

サスケが使用した口寄せの一種、蛇睨呪縛(じゃげいじゅばく)。

今回はこの忍術…というか口寄せについて考察し、理解を深めていければと思う!

大蛇丸の影響もあって蛇を口寄せするキャラは結構増えたけど、この術はわりとオーソドックスな部類に入るんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

蛇睨呪縛(じゃげいじゅばく)の強さ考察、サスケ&大蛇丸の使用する口寄せの一種!

蛇睨呪縛(じゃげいじゅばく)を使っている感じは以下。

口寄せした第じゃを使用して、目の前の敵を絡め取って動きを封じることが出来る!

やろうと思えばこのまま追撃を加えることだって自由自在だ!

蛇睨呪縛
ナルト秘伝・者の書より引用 蛇睨呪縛(じゃげいじゅばく)はこんな感じ

ちなみに蛇睨呪縛に関しては、あらかじめ召喚先を特定することで、血を触媒とした口寄せの“結印”を省略し即座に術を発動させることが可能となる。

影真似手裏剣とかでもそうだけど“あらかじめ◯◯を設定しておく系”はかなり強力だよね!

【ナルト】影真似手裏剣の強さ考察、敵影射抜く奈良の秘伝!

一瞬の隙が致命傷になりかねない忍同士の戦いで、こういう“仕込みアイテム”を使用できるっていうのは相当なアドバンテージになるよね!

正面からの真っ当な戦闘がダイナミックなナルト世界の忍だけど、こういう仕込みとか“ちょっと卑怯なくらいのアレ”のほうが、より忍者らしく感じてしまうのはバトワンだけだろうか!

【スポンサーリンク】

普通の口寄せっぽい感じだけど名前がついてるアレ。

いろいろな口寄せがあるナルトワールドだけど、蛇睨呪縛には他の口寄せと比較していまいちインパクトに乏しい気がする。

一応ナルトの“ガマガエル”と対比して“ヘビ”ってことなんだろう。

しかし、ナルト&自来也が絡んでいる蝦蟇たちのほうが、サスケ&大蛇丸の口寄せするヘビよりも遥かに知性も戦闘能力も高い印象を受けてしまうのは事実だ!

口寄せ後のバリエーションとしても、蝦蟇のほうが何倍も融通が利くっぽい感じだし、蛇睨呪縛の性能にはいろいろな意味で疑問が残ってしまうところだ。

どちらにしても、大蛇丸やサスケはそこまで口寄せを頼りにしていない印象があるし“敵との力量差が多い場合に使用する舐めプ要素”って感じなのかもしれないね!

このあたりは意見が分かれるところかもしれないけど“口寄せに頼らない”というのはいかにもサスケらしい感じ。

口寄せと協力して戦うナルトと、口寄せを完全に使役するサスケ。

2人の対比が結果的に口寄せ動物の性質にも現れているっぽいし、蛇睨呪縛はそんな一側面の投影なのかもしれない!

【スポンサーリンク】