【ナルト】蝦蟇平・影操りの術(ガマだいら・かげあやつりのじゅつ)考察、影系統における新たな角度の忍術!

今回は蝦蟇平・影操りの術(ガマだいら・かげあやつりのじゅつ)について考察していこう!

めっちゃ長い名前の術だけど、これはかなり面白い忍術だと思う!

こういったテクニカルな忍術が好きなんだよね、バトワンは!

【スポンサーリンク】

蝦蟇平・影操りの術(ガマだいら・かげあやつりのじゅつ)考察、影系統における新たな角度の忍術!

蝦蟇平・影操りの術を使っている感じは以下。

対象者の影に術者のチャクラを投じたあとに、体をペッラペラの紙みたいな感じにしちゃうところからこの術はスタートする。

後に対象者の影と一体となり、その精神と肉体の主導権を一時的に奪う事が出来る!

蝦蟇平影繰りの術
ナルト秘伝・者の書より引用 蝦蟇平・影操りの術(ガマだいら・かげあやつりのじゅつ)はこんな感じ

精神を乗っ取るものではなく影と同化して対象と行動を共にする感じだから、心転身の術と言うよりは影真似の術に近い感じかもしれない。

ちなみにこの術の発動中、術者は呼吸を停止する必要があり、呼吸を再開すると同時に術は解除されるというデメリットがある!

強力な忍術なだけに、これくらいのデメリットがないとチートになってしまうから、これは必要な制限だろうね!

シカマルとかの立場もなくなってしまうだろうし、使用条件が厳しければ厳しいほど術を格好良く使えると思うし!

【スポンサーリンク】

使用条件が厳しいから“こそ”輝くスキル!!

バトワンは何度も言っているんだけど、バトル漫画は“強ければいいってもんじゃない”と思うんだ。

強力な技を持っていて敵に勝つのはむしろ当たり前であって、なんなら“弱い者いじめ”に近い感覚すら覚えてしまうところ。

持てる手札が限られた中で、限られた手札をどう工夫して使っていくかに、バトル漫画の面白さ・醍醐味があるんじゃないかな!

そういった意味では蝦蟇平・影操りの術は非常にテクニカルな感じでバトワン好みの忍術だといえると思う!

自来也のバリエーション豊富な忍術!

こうやって忍術の考察を入れていくと、自来也のあまりにバリエーション豊富な忍術には毎回目を開かされる思いだ!

今回考察した蝦蟇平・影操りの術(ガマだいら・かげあやつりのじゅつ)にしてもそうだし、封印術、結界術、仙術もあらゆる面で隙がない!

火遁、土遁ばかりに留まらず形態変化で螺旋丸も使用できるし、大蛇丸や綱手と比較してポテンシャルとしては頭一つ突き抜けていたんじゃないだろうか!

攻撃・守備・サポートと、どの役回りもこなせる自来也の万能性は、まさに“伝説”の名に相応しいものだといえるだろう!

【スポンサーリンク】