【ナルト】超張り手の強さ考察、チョウジの用いる掌底二つ!

何か知らんけど格好いい秋道チョウジ。

超チョウジモードとかもかなり格好良かったし、なんなんだこの“良さ”の秘密は!

ってことで、今回はチョウジの用いる“超張り手”について考察し、理解を深めていこうと思う!

【スポンサーリンク】

超張り手の強さ考察、チョウジの用いる掌底二つ!

超張り手を使用している感じは以下だ。

倍化の術によって巨大化したチョウジが両手の掌で大地まるごと押しつぶしてしまうダイナミックな攻撃手段。

通常の忍であれば、正直ひとたまりもないことだろう!

ホント、ナルト世代の忍達の底力には恐れ入ってしまうところだ!!

超張り手
ナルト秘伝・者の書より引用 超張り手はこんな感じ

単純な肉弾戦車とかでもかなりの破壊力があったわけだけど、この超張り手は倍化の術によって“重さ”“パワー”の両方を肥大化させている。

さらにその上チャクラを集約することで筋肉を活性化させているということで、見た目以上に“肉厚”な一撃となっているようだ!

大地をも陥没させるクラスの一撃なだけに消耗は大きそうだけど、そのぶん破壊力は一級品だといえるだろう!

通常の螺旋丸とか千鳥くらいだったら軽々と吹き飛ばしてしまいそうなくらいのボリューム感を持っていると思う!

そのあたりを踏まえると、チョウジの潜在能力に対してはそろそろ“認識を改めるタイミング”が来ているといえるのかもしれない!

【スポンサーリンク】

もし“チート忍者”がいなかったら?

木の葉隠れの里には“チート忍者”に分類できる忍が存在する。

例えば人柱力であるナルトや、うちは一族・日向一族といった“血継限界”を持つ忍たちだ。

しかし、もし彼らのようなチート忍者が存在しない世界だったら?と考えてみるのはなかなかに面白いんじゃないだろうか!

もしナルトやサスケ、ネジ達がいなかったとしたら、きっとチョウジはもっと重要なポジションだったに違いない!

それこそ“木の葉を代表する忍”になっていてもおかしくなかっただろう!

“伝説の三忍”である自来也はナルトの師匠になったことで有名だけど、もしナルトやサスケがいない世界だったらチョウジの師匠になっていたかもね!

そしたら木の葉を背負って立つのはチョウジやシカマル、シノのような忍たちだったかもしれない!

倍化の術とか超張り手のダイナミックかつ強力な攻撃手段を見ていると、運命の展開次第ではチョウジも“火影になれる逸材”にカウント出来そうな気がする!

チョウジたちにとって不運だったのは、同じ時代にナルトやサスケのような次元のぶっ飛んだ忍が存在していたことだといえるだろう!

もし彼らが存在しない世界だったら、チョウジやシノが火影の座についていたかも…などと考えると、想像が膨らんとてもワクワクする!

【スポンサーリンク】