【ナルト】雷切(千鳥)の強さと破壊力考察、カカシ使用の一撃必殺!

カカシの決め技の代名詞、雷切(らいきり)。

今回は数ある忍術の中から、雷切(千鳥)について考察し理解を深めていきたい!

切れ味鋭い必殺忍術の魅力に、バトワンなりに迫っていきたいと思う!

【スポンサーリンク】

雷切(千鳥)の強さと破壊力考察、カカシ使用の一撃必殺!

雷切を使っているときのカカシは以下のような感じ。

はたけカカシが開発した雷っぽい感じの必殺忍術・千鳥。

手に集めたプラズマのようなチャクラを高速で相手に叩き込む大技だ!

雷切
ナルト秘伝・臨の書より引用 雷切・千鳥はこんな感じ

特に序盤ではかなり猛威を奮っていて、千鳥が炸裂すればほぼ一撃必殺!って感じだったのが懐かしい!

ちなみに貯まったエネルギーがまるで千鳥のさえずりの様に“チチチチチ…”と音を発していた事から千鳥と名付けられたのだそうだ。

なお、カカシに至ってはこの技で“雷を切った”という伝説が残っていたりする!

まぁ、要するに強烈な“突撃系チャクラぶち込み忍術”ということだね!

写輪眼を持っているカカシやサスケであれば、一層の脅威となる忍術であるといえるだろう!

ちなみに中忍選抜試験で我愛羅と当たる事となったうちはサスケにカカシが技を伝授したことでも有名だ!

【スポンサーリンク】

バリエーション豊富な千鳥シリーズ!

千鳥に関しては非常に多彩な派生バリエーションがあることで有名だよね!

そのバリエーションの豊富さを考えると、この技の基本を生み出したカカシがいかに有能だったかがわかる!

千鳥の発明は、忍の歴史にひとつの爪痕を残したことだろう!

千鳥の派生バージョンは以下のような感じ。

  • 草薙の剣・千鳥刀
  • 千鳥鋭槍
  • 千鳥千本
  • 千鳥流し
  • 千鳥光剣
  • 黒い千鳥
  • インドラの矢
  • 雷伝

などなど、他にも“神威雷切”とか“雷遁・紫電”とか、様々なバリエーションがある!

ナルト世界の忍全体を眺めていると、1つくらい単発のオリジナル忍術を持っていることは別に珍しくない。

でも、1つのオリジナル忍術からここまで派生したパターンはかなり限られているよね!

ここまでバリエーションが豊かなのは、ナルトの螺旋丸とサスケの千鳥くらいじゃないだろうか?

それぞれリスク・デメリットはあると思うけど、共に強力な技であることは間違いない!

特にスピード感あふれる千鳥に関しては多くのファンを魅了したことは疑いようのない事実だろう!

現在の最新のボルトではサスケも序盤から再登場したし、大人になったサスケの放つ千鳥が見られる日が楽しみだね!

写輪眼・輪廻眼まで開眼しているサスケであれば、描かれていない“空白の期間”の間に、さらにパワーアップした千鳥をマスターしているかもしれない!

【スポンサーリンク】