【ナルト】雷遁・影分身の強さ考察、影分身の戦闘用上位交換!

カカシの使用する多彩な忍術。

その中から今回は“雷遁・影分身”の強さについて考察し、理解を深めていこう!

雷遁のチャクラを集めることによって生みだす影分身の応用忍術だ!

【スポンサーリンク】

雷遁・影分身の強さ考察、影分身の戦闘用上位交換!

雷遁・影分身を使用した感じは以下。

通常の影分身に雷遁の性質変化を加えたカカシならではの高等忍術であるといえる!

基本的には影分身の術と同様の性能を秘めているが…。

雷遁・影分身
ナルト秘伝・陣の書より引用 雷遁・影分身はこんな感じ

基本的には影分身の術と同じ性質・性能を持っている雷遁・影分身なわけだけど、特筆すべきは雷の属性効果だといえるだろう!

性質変化を加えることで、雷の属性効果を更かし、もし仮に影分身が撃破されたとしても敵を感電させることが出来る点で影分身よりも優れている!

もし雷遁・影分身に対する警戒を怠ってしまった場合は、思いもよらぬ感電で遅れを取ってしまう可能性があるだろう!

一瞬の遅れが戦場での生死を決定づける、ナルトワールドの忍らしい着想の忍術だといえるかもしれない。

とはいえ、バトワンとしてはこの雷遁・影分身に関しては、一定の疑問が残ってしまっている。

雷遁・影分身は戦闘で使用するには少し無駄が多い忍術なんじゃないだろうか?

【スポンサーリンク】

実戦投入するには少し雑な気がする忍術?

あくまで見る限り…といった感じだけど、雷遁・影分身は実戦投入するにはあまりに雑な印象を受けてしまう。

というのも、あえて相手を“感電させる必要性”があるのか?と疑問に思ってしまうんだよね。

どうせ影分身を使用しているのであれば、撃破される前に相手の足でもガッシリ掴んで隙を作り、出来た隙を利用して喉元に一撃を加えるだけで、大抵の相手は対処できるはず。

よほど特殊な相手でもない限り人間の身体の構造は一定なわけで、空気を止められれば窒息するし、心臓を突かれれば致命傷だろう。

感電によって相手の動きを一瞬止める…というのを狙うくらいならば、通常の影分身で相手の動きを止めてしまったほうが一層わかりやすく戦うことが出来るような気がするよね!

とはいえ、雷遁・影分身にしても通常の影分身を比較して“どちらにしても発動スピードやリスク、消費チャクラが同じ”ということであれば「いちおう雷遁・影分身にしとこうかな」くらいの感覚で使う手はあるかもしれない。

そうでもなければ、わざわざ雷遁にする手間を省いて“別の仕掛け”を組み合わせたほうが戦いとしては勝ちやすい気がするんだけどどうだろうか!

【スポンサーリンク】