【ナルト】風遁・圧害(あっがい)の強さ考察、天災並の破壊力!

角都の使用する様々な忍術。

今回はその中から“風遁・圧害(あっがい)”について考察し、バトワンなりに理解を深めていきたい!

この忍術はわりとオーソドックスな風遁っぽい感じだけど、ダメージとしては超強力だ!

【スポンサーリンク】

風遁・圧害(あっがい)の強さ考察、天災バリの破壊力!

風遁・圧害を使っている感じは以下。

この術は角都の5つの心臓のうちのひとつが放つ強力な風遁忍術だ!

高密度に圧縮した竜巻の固まりを打ち出すことによって、猛烈な風圧を起こしてダメージを与えるものだという!

圧害
ナルト秘伝・者の書より引用 風遁・圧害(あっがい)を放つ面の様子はこんな感じ

超絶破壊力の風遁といった意味では、通常の螺旋丸よりも強力な技って感じだね!

さらに、面から放たれることもあって“ノーモーション”で攻撃が飛んでくる恐ろしさがある!

そのうえ螺旋丸と比較して、離れた場所から攻撃できるというアドバンテージもあるから恐ろしい!!

風の性質変化は常々強力だと思ってきたけど、風遁・圧害は群を抜いて強力な部類にカウントできるかもしれないね!

普通に風遁を使用するだけでもこれだけ強力な攻撃になるんだから、螺旋丸みたいに“何かと複合ブレンド”してしまうと、さらなる攻撃力が見込めることだろう!

【スポンサーリンク】

まさに天災並の破壊力!!

高密度に圧縮された竜巻の塊を打ち出している圧害。

竜巻がそもそも天災なんだから、それを打ち出せば“天災クラスの破壊力”になるのは当然だ。

しかしともあれ、そういったツッコミをさておいたとしてもこの忍術の破壊力は凄まじいものがあるといえるだろう!

あえてデメリットを挙げるならば、こういった“広範囲大規模攻撃”は、仲間を巻き込んでしまう可能性があるという点で少し難がある感じかな?

また、ここまで大規模な破壊をもたらさずとも、急所に一撃決定的なダメージを与えれば人間の体は破壊できるはず。

多人数を相手にするのであれば効果的な風遁・圧害だけど、1対1で戦うぶんにはオーバーキルになってしまってチャクラが勿体無いかもしれないね!

角都クラスの忍であれば1対1の戦いにも相当の自信があるわけだし、使える場面としては思ったよりも少ないかもしれない!

また、現在ジャンプでは新シリーズ“BORUTO”がスタートしている。

BORUTOで圧害が再登場する可能性は極めて低いとは思うけど、実は根強い人気を誇る忍術なだけに、チョロっと再登場する…くらいのサービスはあってもいいかもしれないね!

ガンダムシリーズに登場するアッガイをモチーフに名前を決めているであろうだけに、ガンダムファンも歓喜するかも!

【スポンサーリンク】