【ナルト】 完成体・須佐能乎(スサノオ)と永遠の万華鏡写輪眼、または威装・須佐能乎について!

万華鏡写輪眼の能力を極めた者のみが使用出来る、須佐能乎(すさのお)。

膨大なチャクラが術者を包み実体化するという恐ろしい忍術だ!

今回はそんな須佐能乎について考察し、理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

完成体・須佐能乎(スサノオ)と永遠の万華鏡写輪眼、または威装・須佐能乎について!

須佐能乎(すさのお)は、万華鏡写輪眼を開眼し左右の眼で異なる能力を宿したケースのみに使用可能となる万華鏡写輪眼の能力。

万華鏡写輪眼を開眼したとしても、左右で同じ能力を開眼する場合があるため、どうやら須佐能乎まで開眼できるのはかなり稀なレアケースのようだ。

当然ながら、だからこそ切り札として活用できるほど強力な忍術として使用されることは間違いない!

さらに、永遠の万華鏡写輪眼を持つことによってのみ須佐能乎(すさのお)の最終形態である完成体須佐能乎を発現させることが出来る!

%e5%ae%8c%e6%88%90%e4%bd%93%e3%82%b9%e3%82%b5%e3%83%8e%e3%82%aa
ナルト秘伝・陣の書より引用 完成体・須佐能乎(スサノオ)!

完成体になることによって、術者が結ぶ印の形を須佐能乎が結び術を使用することが出来るようになり、またチャクラを翼の形にして飛ぶことまで可能となる。

使用の際にはチャクラを膨大に消費する&全身の細胞が痛むというデメリットもあるものの、覚悟を決めては発動すれば相当に強力な忍術であると断言しても差し支えないだろう!

ちなみにこの“完成体・須佐能乎”を発動したのは、歴代でもサスケ・マダラ・インドラの3名のみのようだ。

うちは一族のエリートの中でも、さらに選ばれた人物にしか使用できない伝説の忍術…といったところか!

【スポンサーリンク】

威装・須佐能乎(いそう・すさのお)について!

また、須佐能乎にはいくつかのバリエーションが存在する。

その中のひとつが“威装・須佐能乎(いそう・すさのお)”だ!

威装・須佐能乎は九尾・九喇嘛に対して完全体須佐能乎を纏わせる大技として有名!

%e5%a8%81%e8%a3%85%e3%82%b9%e3%82%b5%e3%83%8e%e3%82%aa
ナルト秘伝・陣の書より引用 使用された威装・須佐能乎(いそう・すさのお)!

威装・須佐能乎をまとった九尾の姿はまさに異様!って感じだね!

この術は尾獣封じである千手柱間の「火影式耳順術」に対抗すべく使用されたことに端を発している。

九喇嘛モードのナルトのチャクラに対して鎧のように須佐能乎を纏わせることによって再現されたのが上記だ!

九尾本来の攻撃力に須佐能乎の鉄壁の防御力がプラスオンされて、さらに強力な戦闘能力を有したといえるだろう!

完成体・須佐能乎の状態でも強力な忍術なのにも関わらず、一層の迫力・威圧感を兼ね備えていることに成功したと思う!

【スポンサーリンク】