【ワンピース】オールブルーとは何か?徹底的に掘り下げてみよう。

2016年はサンジの年になるということで、サンジの夢であるオールブルーにも近づきそうな気がしますよね。

今日はたまたま過去のバトワンの記事を振り返っていたんですけど、すでに700記事ちかくあるんですね、色々な考察をしてきたものです。

しかし、多くの考察をしてきたものの、なんとまだオールブルーについての考察がまだだったようなんですよ。

なので、今回はバトワンなりに徹底的にここを掘り下げてみようと思います。

7オールブルー
ワンピース8巻より引用 サンジの夢がオールブルーであることが判明している

上記カットは最初にサンジがルフィに対して「オールブルー」について語るシーンです。

このシーンは非常に印象的で、様子を見ていたゼフが「うれしそうな顔しやがって…」と親心マックスでつぶやいていたりします。

では、サンジの語るオールブルーとは一体何なのでしょうか。

【スポンサーリンク】

オールブルーとは何か?

7オールブルーとは
ワンピース7巻より引用 オールブルーはこんな場所

上記カットは7巻でバラティエのコックが語った「オールブルー」の姿です。

その言葉によると、東の海・西の海・北の海・南の海、この四つの海にいる全種類の魚たちが住んでる海であるとされています。

これは非常に大きな手がかりだと思うんですよね。

なにせ、グランドラインの魚がここに含まれていないわけですからね。

要するに、海のコックたちの伝説によると、オールブルーというのはあくまで「東の海・西の海・北の海・南の海」の魚が共存する場所であるということになります。

グランドラインの魚も共存してるとは一言も言ってないわけです。

しかし、グランドラインの魚を省いて考えたとしても、条件が厳しいことには変わりありません。

PICK UP:オールブルーは過去の伝説?

ちょっとオールブルーにまつわるエピソードをひとつピックアップしておきましょう。

オールブルーのことを話すサンジを、バラティエのコックがバカにするシーンがあります。

7奇跡の海
ワンピース7巻より引用 オールブルーをバカにするコック

上記カットのシーン、何かに似ていると思いませんか?

そう、空島編でのベラミー海賊団です。

24ベラミー
ワンピース24巻より引用 空島に行こうとするルフィ達をバカにするベラミー

上記カット2つはよく似ていますね。

もはや現在では伝説となってしまった空島。

それはベラミー達常識人からしてみればまさに「ありえない場所」だったわけです。

だからバカにしたわけですね。

しかし、空島は実際に存在した。

空島が存在したからオールブルーも存在する!というわけではありませんが、過去の言い伝え・伝承が正しいことであるケースがあることを、この一件は示しています。

オールブルーはきっとあるんでしょうね。

【スポンサーリンク】

オールブルーがあるとすれば?

オールブルーが実際に存在するとして、最も怪しいと思っているのがリヴァース・マウンテンの裏側です。

裏側といっても、シャボンディ諸島・マリージョア周辺…といった意味ではなく、以下のカットの左側。

上記のカットでは4つの海の海流が東に流れ出ている…といった感じですけど、実は西にも流れ出ているのかもしれないなーと思ってたりするんですよね。

ちょうどグランドラインを一周したあたりの終着点です。

いや、もしかしたらリヴァース・マウンテンの頂上も「小さなオールブルー」なのかもしれません。

リヴァース・マウンテン12
ワンピース12巻より引用 リヴァース・マウンテンは東西南北すべての海の海流がぶつかる場所

リヴァース・マウンテンは東西南北すべての海の海流がぶつかり、グランドラインへと流れ出る場所とされています。

こういった場所が存在すること自体が、オールブルーの可能性を示していますね。

12グランドライン
ワンピース12巻より引用、4つ海流はグランドラインへ流れ出る

上記のカットの時点で「グランドライン=オールブルーなんじゃないか?」と思った方も多いと思います。

なにせ、東西南北の海からリヴァース・マウンテンに海流が上り、グランドラインに流れ出るわけですからね。

全ての海から魚たちがグランドラインに集まってくる…と考えてもおかしくありません。

しかし、ここで重要なのは「グランドライン=オールブルーではない」ということ。

グランドライン=オールブルーなのであれば、サンジが必ずリアクションしているはずです。

つまり、グランドラインには全ての海の魚が流れ込んできているはずなのに、全ての海の魚が取れる漁場ではないということになります。

グランドラインの過酷な海の状況からか、4つの海からグランドラインに集まった魚たちはどこかのタイミングで絶滅してしまったり、別の種に進化してしまったりしているのでしょう。

つまり、オールブルーである条件として、「4つの海と同じ環境が同時に作れ、それが定着できている場所」という条件が加わってくるわけです。

新世界の航海

そして、新世界へと進む最初の航海…魚人島への潜水の時点で、ブルックとフランキーは海流についてこのように説明してくれています。

62海流
ワンピース62巻より引用 ワンピースワールドの海流はこんな感じ

上記のカットを含め、ブルックとフランキーの説明の要点をざっくりまとめてみると、

  • 海流の上層と下層には温度差がある
  • 下層では「深層海流」という表層とは別の海流がある
  • つまり、海流は「表層海流」と「深層海流」の2通りで出来ている
  • 深層海流の動きはゆっくりだ
  • 深層海流が一度海底に潜りこんだら、次海面に浮上するまで2千年かかるといわれてる

といった感じなんだそうです。

つまり、オールブルーをまとめると、以下のようになると考えられます。

  • 絶対条件:東西南北4つの海の魚が共存してる
  • 条件1:グランドラインの環境だとムリ
  • 条件2:表層と深層両方の条件を整えないとダメ
  • 条件3:全ての海との接続がある

条件1と2を満たすためには、もはや「世界の縮図」といえるような場所が必要となってくると思うんですよね。

4つの海だけではなく、その深層と表層が加わってくるのであれば、およそ8種類の環境の魚が共存できる場所。

それに加えて、条件3。

リヴァース・マウンテンのように、全ての海との接続がある場所でないといけないはずなんです。

バトワンとして一番あやしいと思っているのはリヴァース・マウンテンそのものなのですが…。

リヴァース・マウンテンがあった場所に、昔オールブルーが存在した…。

しかし、地殻変動でオールブルーの土地はせり上がり、山になってしまった。

その時の伝承が伝わり、オールブルーの伝説が残っている…。とかね。

このあたりが一番リアルだとは思うんですけど、もしかしたらラフテル=オールブルーなどといった線もあるのかも。

このあたりは今後も深く掘り下げてみたいと思います。

【スポンサーリンク】