【ワンピース】真実を暴くお茶会、大波乱の4要素についてピックアップし考察してみよう!

ジェルマ66は今んとこヴィンスモーク一家とクローン兵を主体としたカラッポの組織だ。

で、実はビッグマムの周辺にも“カラッポ感”は出ている感じで。

ビッグマム陣営は“ソルソルの実”の効力で成り立っている兵士もかなりの数存在している印象を受ける。

つまり、ソルソルの実で生み出された“虚像”を消し去れば、ビッグマム陣営の“本当の戦力”がわかると思うんだ。

そんな前提を踏まえながら、今回はお茶会に波乱を巻き起こす4要素をピックアップし考察していこう!

【スポンサーリンク】

お茶会、大波乱の4要素についてピックアップし考察してみよう!

ルフィ&ナミに差し向けられたビッグマムの軍団力はとてつもなかった。

しかし、彼らを無力化する手段を麦わらの一味は持っているんだ。

それはブルックのヨミヨミの実の能力!これが第一要素だね!

847l
ワンピース847話より引用 ブルックはスペシャルライブと銘打って切り込むことを決心した!

ブルックの能力であれば、ソルソルの実で生み出されたチェス兵を無力化出来るようだ。

つまりこれはホーミーズをも無力化出来るということになるわけだね。

悪魔の実によって生み出された、まるで夢のような都。

仮初の幻想を打ち払う方法を、ブルックは持っている!

ソルソルとヨミヨミが対になっているとは言わないけど、夢を現実化するソルソルと幻を打ち払うヨミヨミ…ってことで因果関係は感じるかもね!

で、第二要素に移ろう!

【スポンサーリンク】

囚人図書室の開放!

ブルックでチェス兵&ホーミーズを無力化出来ることは大きなプラスだ。

そして次の要素としては囚人図書室。

囚人図書室の中には、多くの“珍獣”たちが本の中に閉じ込められている!

囚人図書室847
ワンピース847話より引用 多くの“珍獣”たちが本の中に閉じ込められている囚人図書室!

囚人図書室の本の中に閉じ込められている珍獣たちを開放することが出来れば、お茶会は滅茶苦茶になるだろう。

インペルダウン出身のマンティコラとかもかなりの猛獣だったしね!

まぁこの囚人たちは逆にマム側にコントロールされてしまう可能性もゼロじゃないけど…。

“ブルックの力でホーミーズ系を抑え、囚人を開放する”…というのは一つの流れかもしれない!

【スポンサーリンク】

玉手箱の爆破!

で、3つめの要素が玉手箱だ。

玉手箱の爆破によって、お茶会には大きな混乱が生じることになる!

魚人島の爆弾がどの程度のレベルかわかんないけど、ビッグマムの片腕くらいはぶっ飛ばしてくれるレベルだったりしてね。

847J
ワンピース847話より引用 魚人島の玉手箱の爆破は避けられない?

穏便に済ませるルートがどんどん閉ざされていく中、最も激しい流れに突入しようとしているホールケーキアイランド。

ビッグマムに致命傷を追わせ、どうにかサンジの“手枷の鍵”を手に入れてしまえば、最後の問題は“プレゼント”だけだ。

プレゼントの脅威を取り払う方法はいくつかあるけど、ある意味ここはサンジの“心の問題”なんだ、相当シビアだけど。

【ワンピース】ギンがバラティエを守ってくれるシナリオ、教えてもらった内容について!

【ワンピース】人質は生きているから価値がある、ゼフを救出せずに状況を打開する方法とは?

“離れた人質”というクッソ面倒くさい脅迫を、どのようにクリアするのかはまだなんともいえない。

しかし、ここにもプリンが絡んできたり…っていう可能性はありそう。

【スポンサーリンク】

プリンの自殺

で、最後に起こり得るのがこれだね。考えたくないけど。

サンジがプリンを「救いだ」と表現したことをプリンがどう受け止めているか。

真っ直ぐに受け止めてサンジを支えていこうとしてくれてれば良いんだけど、場合によっては「サンジの救い(逃げ場)が私なんだ」と解釈してしまう可能性だってある。

つまりこれは“サンジの本当の夢は別にある”と告げられたシーンでもあるのかも。

845%e6%95%91%e3%81%84
ワンピース845話より引用 プリンはサンジにとっての救いになってしまった。

サンジにとっては“愛することの誓い”なのかもしれないけど、プリンにとっては“サンジの本当の願いは別にあること”を告げられたシーンなのかも。

2人の想いがすれ違っていて、かつプリンが本気でサンジを愛していたならば、彼女が“自殺”という選択肢を選ぶ可能性だってある。

そうすれば、プリンはサンジを“開放してあげられる”からだ。

【ワンピース】プリンの自殺フラグ「さよなら」の意味するものとは?

【ワンピース】849話運命×リズム×彼を愛してしまったから。ネタバレ確定予想&考察![850話]

この未来に収束するのは絶対に避けたいところだけど、この“花嫁の死”というイベントは、政略結婚をぶっ壊すひとつの切り札にもなりえる。

プリンがここに想い至っていなければいいいんだけど…。

また、プリンが命を賭してまでサンジを羽ばたかせようとするならば、サンジはバラティエに対して「ジジイも男なんだ、自分の身は自分で守るさ」という感覚を持つかもしれない。

かけられた命の天秤。

プリンが命を賭すならば、サンジはそれに応えようとするかもしれないね。

  • ホーミーズ・チェス兵の無力化によって兵力を激減させる
  • 囚人図書室に囚われている囚人を開放し味方につける
  • 玉手箱爆破に乗じての反撃、手枷のカギを入手しサンジを開放する
  • プリンの自殺によって“お茶会の中止”と“サンジの意識改革”が起こる

これらの要素はすべてお茶会を“正面突破する方法”として存在している感じだ。

全てを満たしてもビッグマムの息子・娘たちとの戦力差はかなり大きいと思うけど、それでも今の“手も足も出ない状態”よりは幾分かマシになるだろう。

運命の流れは加速して、誰も止められない濁流の中に呑まれていく。

果たしてサンジはもう一度羽ばたくことが出来るんだろうか…?

【スポンサーリンク】