【ワンピース】808話「イヌアラシ公爵」ネタバレ感想&考察!

以下、今回の808話のネタバレ感想&考察になります。

そびえ立つ「ジャック」という存在

今回の808話ではゾウにジャックが上陸したあたりがテーマとなり進んでいきました。

808ジャック
ワンピース808話より引用 ジャックのゾオン形態が判明。でかい。

ジャックは「ゾウゾウの実古代種モデル“マンモス”」といった感じ。

完全にデカいですね、並の象じゃない。

スパンダムの剣であったファンクフリードが可愛く見えます。

【スポンサーリンク】

ジャックの部下たちがクラウ都を襲う!

今回のエピソードの前半はひたすらジャックの横暴が目立った感じ。

ジャックの部下であるプレジャーズとギフターズがミンク族達と交戦します。

808プレジャーズ
ワンピース808話より引用 ジャック部下のプレジャーズはこんな感じ

上記カットを確認する限り、プレジャーズは普通の海賊っぽい感じ。どちらかというとバイキングみたいなデザインになっていますね。

ギフターズと並べて計上されていることもあり、実力もギフターズくらいあるような気がします。

ギフターズが「謎の能力」をもっていることから、プレジャーズは武装色の覇気の使い手集団だったりするのかな。

808ギフターズ
ワンピース808話より引用 ジャック部下のギフターズはこんな感じ

で、プレジャーズに対してギフターズはこんな感じです。

上記カットでもそうですけど、手が動物の形に変形していますよね。

完全にカニの手になっている人物が堂々と映り込んでいます。

ドフラミンゴとカイドウが取引をしていたことを考えると、このカニの手こそが「SMILE」の効果なのかもしれません。

【スポンサーリンク】

なんだ、忍者はいねェのか

ミンク族たちに連れられて歩く中、ルフィは「なんだ、忍者はいねェのか」とこぼします。

ルフィ的にもきっと忍者との対面が楽しみだったんでしょうね。

808ルフィ
ワンピース808話より引用 忍者がいないことに微妙な表情を浮かべるルフィ

完全にガッカリという感じじゃないですけど、このカットを見る限りだいぶ微妙な表情であることは間違いないでしょう。
トラファルガー・ローやゾロも目を輝かせていましたからね、麦わらの一味は忍者が好きそうです。

イヌアラシ公爵 療養所にて

ミンク族に連れられて向かった先はイヌアラシ公爵の療養所。

三銃士のひとりである“全力のシシリアン”との対面を果たします。

808シシリアン
ワンピース808話より引用 全力のシシリアンは何事にも全力な松岡修造タイプ?

この全力のシシリアン、まだ目立った活躍はしていないんですけど、重要な役割を果たしてきそうな気がしますね。

松岡修造大先生系のかなり熱血タイプ、全力タイプのキャラクターのようです。

麦わらの一味によって仲間を救われた全力のシシリアンは、文字通り全力でルフィたちに土下座。

感謝の意を述べました。

対してルフィは「暑苦しいライオンだな」とつぶやき、ナミに軽く顔面を殴られています。

イヌアラシ侯爵の外見が判明する

全力のシシリアンとの対面後まもなく、一味はイヌアラシ公爵の元へ通されます。

イヌアラシ侯爵はお茶のような飲み物を飲んでいますね。

808イヌアラシ
ワンピース808話より引用 イヌアラシ公爵の外見が判明した

後にイヌアラシ公爵の勇姿は確認できますけど、なんだかこうやってみるとグッと老けこんだイメージがありますよね。

おじいさんのような感じというか。

そのぶん経験も豊かなミンク族のリーダーといった感じでしょうか。

シーザーの毒ガス兵器について語られる

無事にイヌアラシ公爵との対面を果たした面々。

このあと何が起こったかの説明がなされるのですが、その内容はあまりにも衝撃的なものでした。

808チョッパー
ワンピース808話より引用 ゾウを滅ぼしたのはシーザーの毒ガス兵器であると判明

チョッパーが語る「ゾウを滅ぼした毒ガスへ生き」とは?という謎を残し、今回のエピソードは幕を下ろします。

ジャックの残虐性とシーザーの兵器。

その裏側にある背景とはどのようなものなのでしょうか。

【スポンサーリンク】

▶ 次回はこちら 【ワンピース】809話「ネコマムシの旦那」ネタバレ感想&考察!