【ワンピース】817話「霧の雷ぞう」ネタバレ確定感想&考察!

どん!

以下、817話「霧の雷ぞう」確定ネタバレ感想&考察になります。

やっぱり生きていたジャック

待ちに待った817話、案の定ジャックは無事に生きていたことが判明しました。

817ジャック
ワンピース817話より引用 ジャックは生きていた。新聞を読んでいる

817話のスタートはジャックが生きていたという衝撃の展開からスタート。

やっぱり案の定生きていましたね、上記カットでは全身に包帯を巻いていることから、海軍に果敢に攻めかかったものの返り討ちにあった…というところまでは確定のようです。

【スポンサーリンク】

817話「霧の雷ぞう」ネタバレ確定予想&考察!

今回の817話ではついに霧の雷ぞうが登場することになりました。

エピソードの中心は、なんといっても光月(コーゲツ)家になります。

817光月家
ワンピース817話より引用 錦えもんの背中に刻まれた光月家の家紋の刺青

自分たちの身分を証明するために、ネコマムシの旦那とイヌアラシ公爵に背中の入れ墨を見せる錦えもん。

これを見て全力のシシリアンたちが「確かに!! 公爵様や旦那 雷ぞうさんと同じ“光月一族”の家紋!!」と発言。

ミンク族にとってはしっかり認知されている家紋であることは間違いない様子。

「光月」という名を聞いてルフィが意味深な表情をします。

817ルフィ
ワンピース817話より引用 意味深なルフィの表情

「コーズキ」とだけ言っていますけど、この表情は非常に怪しい。

(…おれ、これ見たことあるぞ)といった表情をしているような気がします。

相変わらず仲の悪いイヌアラシ&ネコマムシ

相変わらず仲の悪いイヌアラシ公爵とネコマムシの旦那。

数ページに渡って口論をしているところが描写されます。

しかし、その喧嘩を仲裁に入るモモの助。

「喧嘩などよせ!!イヌアラシ!!ネコマムシ!!!」

その言葉に平伏する2人。

そして錦えもん達の口から現実に、モモの助はワノ国「九里」の大大名、「光月おでん」様の跡取り、「光月モモの助」であることが語られました。

817モモ
ワンピース817話より引用 モモの助が「光月おでん」様の跡取りであることが確定した

そして上記のカットから「九里」という地名も判明、どんな場所か気になりますね。

「九里」という名前から察するに、9つの里がある、ということでしょうか。

9つの里を治めているから「大大名」なのかもしれません。

【スポンサーリンク】

ネコマムシの旦那とイヌアラシ公爵が休戦する

モモの助の仲裁によって、気持ちとしては嫌い合うも和解する二人。

817休戦
ワンピース817話より引用 休戦する2人のミンク族

あれほどいがみ合っていた二人がモモの助のひと声でここまで歩み寄れるのはすごいよね。

光月家とミンク族の間に結ばれた絆がいかに固いものなのかを想起させます。

くじらの樹の中へ

錦えもん含む麦わらの一味は、2人の手によってくじらの樹の中へと案内されます。

くじらの樹の尻尾の部分に隠し扉があったようで、そこからくじらの樹の内部に入っていけるような仕組みになっていました。

階段を降りて行くと、そこに待ち構えていたのは鎖で動きを拘束された忍者の雷ぞう

雷ぞう817
ワンピース817話より引用 忍者の雷ぞうが拘束されていた

ミンク族によって拘束されていたのでしょう、ジャック襲撃の際に「なぜ拙者を敵に渡さなんだ!!」と号泣していました。

鎖を解いてしまうと、自ら戦線に立ってしまう可能性があるので、仕方なくミンク族に縛られたんでしょうね。

雷ぞうの忍者がイメージしていたものと違うことに驚くルフィ立ち。

一方錦えもんたちは雷ぞうの無事を喜びます。

赤いポーネグリフ

また、くじらの樹の内部に「赤いポーネグリフ」が存在していることに気がつくロビン。

817赤いポーネグリフ
ワンピース817巻より引用 赤いポーネグリフが発見される

上記カットが今回発見された「赤いポーネグリフ」

イヌアラシ公爵によると「用途が違うようだ」とのこと。

ロビンによると、これまでのポーネグリフは「情報を持つ石」「その在処を示す石」の2パターンでしたから、このポーネグリフが違う用途を持つのであれば、どのような意味を持つのでしょうか。

光月一族とミンク族のつながりの証とかの可能性も充分あるでしょうね。

雷ぞうが大人気

ポーネグリフを読もうとするロビンをよそに、麦わらの一味は「忍者」の存在に大興奮。

以前もそうでしたけど、トラファルガー・ローまでも雷ぞうに興味津々だったのが印象的です。

817忍者大好き
ワンピース817話より引用 さりげなくローも忍者に目を輝かせている

あのクールなトラファルガー・ローが忍者にここまで関心を持つなんて。

忍者の雷ぞうも大人気ですこし照れている様子でした。

しかし麦わらの一味による矢継ぎ早のリクエストに対し、雷ぞうは「忍法は人にみせるなど…」と断ろうとします。

そして雷ぞうの反応を見た麦わらの一味の反応がこれ。

817がっかりルフィ
ワンピース817話より引用 ガッカリしすぎな一味

がっかりしすぎていたたまれないですね、今まで見てきたルフィたちの中でもトップクラスのガッカリぶりです。

ネガティブホロウ食らった直後みたいになってますね。

この様子を見た雷ぞうも気の毒になったようで、仕方なく煙遁の術や分身の術を披露してあげます。

そして今回の817話は雷ぞうの決めポーズで終わり。

817雷ぞう2
ワンピース817話より引用 忍者の雷ぞうここにあり!

上記のカットでは巻物をくわえて決めポーズをしていますね。

泣きまくっていた登場カットと比較して、随分かっこよくなるものです。

あと、頭の大きさがすごいですよね。イワンコフと親戚かな?

ともかく今回の817話は新キャラとして明確に忍者の雷ぞうが登場した会となりました。

818話では雷ぞうがゾウについてからのエピーソードなども語られるでしょうね。

次週のジャンプが非常に楽しみです。

【スポンサーリンク】

▶ 前回はこちら 【ワンピース】816話「イヌvsネコ」ネタバレ感想&考察!

▶ 次回はこちら 【ワンピース】818話「くじらの中で」ネタバレ確定感想&考察!