【ワンピース】820話「犬と猫に歴史あり」ネタバレ確定感想&考察!

どん!

以下、820話「犬と猫に歴史あり」ネタバレ確定感想&考察になります。

今回のベストショット!

明らかにされたことがめっちゃ多い820話なんだけど、今回のベストショットはこれ!

820ベスト
ワンピース820話より引用 なんとルフィが3〜4頭身くらいに!

尾田先生が“頭身”を間違えるわけがないし、「デフォルメしてみた」みたいな感じなのかな?

雷ぞうも2〜3頭身くらいだし、こんな感じにハマってるのかも!

【スポンサーリンク】

820話「犬と猫に歴史あり」ネタバレ確定感想&考察!

今回の820話では、イヌアラシ公爵とネコマムシの旦那が光月おでんの従者として海を旅していたことが判明しました。

なんと、あのロジャーの船“オーロジャクソン号”や、白ひげの船“モビーディック号”にも行ったことがあるようです。

犬猫820
ワンピース820話より引用 イヌ&ネコはおでん様と旅をしながらロジャーの船や白ひげの船にも乗ってたことが判明

うん、完全に“伝説の時代”って感じですね。

水戸黄門みたいな感じでおでん様に付き添って世界を旅してたのかもね。

で、白ひげの船に乗った後、ロジャーとの対面を果たし、おでん様がロジャーに「オレの船に乗れ!!」的なことを言われたんでしょう。

で、そのあと一緒に空島に行ったりもしたのかな。

820イヌネコ
ワンピース820話より引用 イヌ&ネコはおでん様との冒険を“宝物”のように大事にしてるみたい。

上記カットでは、「空に浮かぶ蜘蛛の海!!」なんて言ってますし、これはきっと白海・白白海なんだろうね。

冒険譚は一区切り、ルフィがキン&カン&雷ぞうに問います。

「じゃあ錦えもんたちも“白ひげ”の船に乗ってたのか?」

会話の流れで、「ワノ国では海外へ出ること自体が罪」という事実や、「おでん様は鎖国に疑問を感じ続けた異端児だった」ということが判明していきます。

また、錦えもんの口からは「ワノ国に白ひげやロジャーが上陸した」という事実も判明。

続々と新事実が判明していく流れに。

イヌやネコたちがロジャーの船に乗ったことがあることを知ると嬉しそうにフランキーが一言。

820フラン
ワンピース820話より引用 オーロジャクソン号を作ったのはトムさんだ!的に自慢するフランキー

なんか誇らしげ!あと、トムさんの言葉どおり“どんと胸を張って”いますね!

で、これに対して「なんと!船大工トムの弟子か!」というリアクション。

もう、トムさんはロジャーのクルー確定でいいんじゃないのかな。

【スポンサーリンク】

後半はさらに激しい展開に!

前半の時点ですでにかなりの暴露に次ぐ暴露だったわけだけど、後半はさらに激しくなります。

「ログポーズの指針・・・今辿ってないけど・・・いいの?」と口を開くナミ。

前回の話では、4つのロードポーネグリフを結んだ先にラフテルが浮かび上がるということが判明しました。

そのあたりがナミのこれまでの認識と少しズレていたみたい。

820ナミ
ワンピース820話より引用 イヌアラシ公爵、ネコマムシの旦那に対し、ラフテルについて問うナミ

ロジャー海賊団の船医だったクロッカスの名前を聞いて、ネコマムシは嬉しそう。

この問にちゃんと答えてくれたのはイヌアラシ公爵でした。

要約すると、以下の様な感じ。

「クロッカスの言っていた航路はたしかに存在するが、本来はその終着点ではじめて“ポーネグリフと古代文字の謎”に気づく」

「ロジャーは終着点から大きく冒険をやり直した」

これを聞いたナミは少し沈黙。

しかし心配を察したイヌアラシ公爵は「大丈夫  道は間違えてない このまま進め」とナミにアドバイス。

820イヌナミ
ワンピース820話より引用 イヌアラシの言葉にほっとするナミ。

ナミを「しっかりしている」と褒められたルフィは、嬉しそうにナミの背中をバンバンと叩きながら自慢します。

ここでモモの助が「拙者もロジャー達に会っておるが記憶はあいまいでござる」と、意味深な発言。

ここはまた別のページで考察します。

っと、このあたりで光月おでん様の冒険譚は一区切り。

ネコ820
ワンピース820話より引用 おでん様の冒険譚、終了〜!

「いずれまとめて話しちゃるぜよ!!」と笑顔のネコマムシ。

こう言われると今聞きたくなって仕方ない!

このエピソードの続きはワノ国編あたりまで持ち越されそうです。

落とし前戦争について

カイドウと戦うために“忍者海賊ミンク侍同盟”を結成した一行。

続いてネコマムシの旦那が、カイドウと戦う前に「不死鳥のマルコに会いたい」と提案します。

戦力は確かに多い方がいいし、マルコの行方には心あたりがあるみたい。

820ネコA
ワンピース820話より引用 ネコマムシの旦那は不死鳥のマルコの行方に心当たりがあることが確定した

さすがネコマムシの旦那、顔が広いですね!

イヌアラシ公爵によると“希望は薄い”とのことだけど、マルコが仲間になったらかなり心強いことは間違いない!

希望が薄いっていうのはどういうことだろうね、まさか・・・ちょっと嫌な予感もするのでそれもまた別ページで考察!

落とし前戦争について語られる

落とし前戦争について詳しく教えてくれたのはニコ・ロビン。

さすが、要点がまとめられていてわかりやすいですね。

820落とし前
ワンピース820話より引用 落とし前戦争について語るロビン

上記カットにはマルコと黒ひげの様子も描写していてなかなか胸が熱くなります。

白ひげから奪った地震の能力は使用したんだろうか?

ヤミヤミの能力でマルコを吸い寄せてぶん殴ったりしたのかも。

このあたりは想像が膨らむところ、気になる!

ルフィはサンジを回収するためにホールケーキアイランドへ、錦えもんたちはワノ国に先に戻って同士を募る。

ネコマムシの旦那達は不死鳥のマルコを迎えに行く・・・といった流れに落ち着いたみたいです。

さて、次回はどうなる?

ここまでが主な820話の展開。

ここから先は病に倒れていたミンク族達が雷ぞうのもとに駆けつけ 大騒ぎに。

ミンク族「雷ぞうさんの無事と 二人の王の手打ちの祝いと 無事落ち合えた光月家の祝いだ〜!!!」

雷ぞう「どいつもこいつも・・・ 忍法・・・ 大好きの術〜!! 忍!忍!」

大好きの術・・・雷ぞうがだんだん可愛く見えてきたのはバトワンだけかな。

忍だし武士だから泣くに泣けないし、大好きとか言いづらいんだろうね。

ドサクサに紛れて宴をしようとするルフィを制止するナミ。

一旦は宴の雰囲気になっていたのを真面目な話に引き戻し、サンジ回収の算段を練ります。

この流れでチョッパー、ナミもホールケーキアイランドに同行することが確定した模様。

また、ロビンは「あ ルフィ 万が一ポーネグリフに出会ったら写し1枚お願い」と軽くお願い。

そんなやり取りの中、ゾウに突然強烈な衝撃が!

820象主
ワンピース820話より引用 ついにジャックの攻撃が始まったか?

前回のエピソードで「巨象ごと殺す」とか宣言してましたからね〜、ジャック。

ついに攻撃開始したようです。

象主の泣き声に反応するミンク族、ネコマムシ。

異常事態のミンク族達をよそに、ルフィの耳に誰かの声が届く・・・といった感じで今回の820話は終了!

820ルフィ
ワンピース820話より引用 何者かの声がルフィに届く!

さて、ルフィの耳に届いた声は誰のものなんでしょうね?

魚人島にて海王類達を相手に見せた万物の声を聴く力かな?

モモの助はくじらの樹に近付くにつれ声が大きくなる、と言っていたけど、モモの助には聞こえているのか?

次回は休載ということですが、謎がタップリの820話でしたね!

10回くらい読み返しても飽きそうな気がしません。

821話もかなり楽しみ!

【スポンサーリンク】

▶ 前回はこちら 【ワンピース】821話「承知した」ネタバレ確定感想&考察!