【ワンピース】827話「トットランド」ネタバレ確定感想&考察!

ついに待ちに待った月曜日、ジャンプが発売ってだけで少しだけ頑張ろう!って思えるよね!

今回のワンピースはついにビッグマムのナワバリにルフィ達が潜伏。

“カカオ島・ショコラタウン”での冒険を中心に、お茶会の準備をするビッグマムが描かれていたけど、よくよく見ると疑問点が色々と噴出してきていることに気付いたぞ!

みんなで827話を読み返しながら、疑問点をチェックしてみよう!

【スポンサーリンク】

827話「トットランド」ネタバレ確定感想&考察!

まず、今回の827話を読んできてわかる点として、重要な部分から触れていこうと思う。

ホールケーキアイランドの周りに点在する“万国(トットランド)”には、34の島が点在していることが判明した!

トット827
ワンピース827話より引用 トットランド周辺には34の島が点在している!

で、その過程で、これらの国の頂点に立つビッグマムの夢が“すべての種族が差別なく暮らせる国”を作ることであるという事実が判明したんだよね。

これに関してはやはり現段階でもかなり大きめの疑問符が出てくるような感じで。

827話の後半でも登場するけど、やはりビッグマムはトットランドから略奪も行っているみたいだ。

  • すべての種族が差別なく暮らせる国
  • 34の国から強奪・略奪を行っている

というダブルスタンダードがまかり通っているって感じなんだよね。

また触れていくけど、これには必ず裏があるはず!

ショコラタウンでプリン登場!

で、今回立ち寄ったチョコレートの町、カカオ島・ショコラタウンに、カフェオーナーとしてプリンが登場したのも不思議な点。

作中でも指摘されてるけど、結婚式も近いのになんでトットランドを見まわっているんだろう?

aプリン827
ワンピース827話より引用 カフェオーナーとして登場したプリン!

結婚のことについて触れられた時は顔を赤らめていたし、彼女がプリンってことで間違い無さそうだけど…。

もし仮にビッグマムが噂に聞く“絶対君主・暴君的な海の女帝”って感じであれば、プリンがこれほどまでに町の住民からフランクに話しかけられていることにも違和感がある。

あ…もしかして…。

これは結構アレだから多分今日の夕方か夜にしっかりまとめて公開します。

不思議の国のアリスモチーフってところからも読み解けるように“おとぎの国”ってところがキーワードになってるのかもしれないぞ!

【スポンサーリンク】

後半の物語・ホールケーキアイランド

で、後半は楽しそうにお茶会の準備をするビッグマムが描かれていた。

楽しく歌う太陽や虹、本来生命を持たない無機物たちも、ビッグマムの前では歌うんだ。

さらに、ビッグマムの幹部らしき人物たちも登場していたよね。

幹部827
ワンピース827話より引用 卵・小麦粉・フルーツを確保した幹部っぽいやつら!

上記カットに描かれているのは3名。

  • 鶴のような鳥に乗っている小柄な人物(フルーツ)
  • MOMという文字の書かれた電伝虫を持ったシルクハットの男(小麦粉)
  • 異常なまでに長いつばの帽子をかぶった女性(卵)

彼ら・彼女らはまさ文字通り「殺して奪え」の精神で略奪をしているようだ。

ビッグマムの下についている人物たちは、やはり略奪の限りを尽くしているのは間違いない。

また、背景に収穫としては大きすぎるフルーツや、巨大なイースターエッグのような卵、人間サイズはあろうかという小麦粉の袋が描かれている。

これを見る限り“その食材に適した土地”から略奪していると考えるのが打倒かもしれないね。

ホールケーキアイランドの万国(トットランド)にはカカオ島以外にも、フルーツ島、小麦島、卵島などが存在しているんだろうか?

それともトットランド以外の土地?

いや、トットランド以外の土地は考えにくいだろうね、ビッグマムはすぐにでもお茶会がスタート出来そうな具合に用意してたし、ペコムズによると「カカオ島からホールケーキアイランドまでは丸一日かかる」とのこと。

そう考えると、やはりトットランドから略奪していると考えるのが打倒な気がするけどどうだろうか!

この辺りはまた別のページで考察していく!

827ビッグマム
ワンピース827話より引用 麦わらの一味が来ている情報は既にビッグマムの元に!

プリンはルフィたちと遭遇しても、彼が“麦わらのルフィ”であることを知らなかった。

きっと手配書には目を通してないんだろうね。

しかし反面、ビッグマムは麦わらの一味がトットランドまで来ていることに勘付いている様子だった。

ジェルマ66のレイジュとヨンジは「何も見なかったことにしておく」的なことを言ってたし、どこから情報が漏れたのかは今のところは不明。

麦わらの一味の来訪に対して、ビッグマムがどのようなリアクションを取るのかはワクワクしてたまらないね!

はたして歓迎してケーキやお茶菓子を振る舞うのか、それとも…。

以前ルフィはビッグマムに対して喧嘩を売った経緯もあるし、この宣戦布告をどう捉えているのかも気になるところだ!

ともかく今回はビッグマムが治めるトットランド周辺地域について、明るい側面が多く描写されていたのが特徴的だった。

光を照らせば必ずそこに影が生まれるように、今回の陽気なエピソードは“巨大な闇”が明るみに出る前兆に過ぎないのかも知れない!

【スポンサーリンク】

▶ 前回はこちら 【ワンピース】826話「0と4」ネタバレ確定感想&考察!

▶ 次回はこちら 【ワンピース】828話「1と2」ネタバレ確定感想&考察!