【ワンピース】832話「ジェルマ王国」ネタバレ確定感想&考察!

月曜日が祝日ってことで、今週の2016年週刊少年ジャンプは土曜日に発売だ!

“月曜が祝日の時は土曜に発売”ってのは覚えておくと良いね!

で、今回はワンピースのSPポスターも付属だった!

2016年週刊少年ジャンプ33
2016年週刊少年ジャンプ33号より引用 ワンピースのSPポスターもついてたよ!

気持ちよさそうに炭酸水(?)を飲むナミ。

みんなで海水浴…めっちゃ楽しそうそうだね!混ざりたい!

【スポンサーリンク】

832話「ジェルマ王国」ネタバレ確定感想&考察!

前回の831話では誘惑の森の奇妙な環境が描かれていた。

反転ルフィや偽サンジなんかも登場して、色んな意味で話題を呼んだよね!

で、今回も誘惑の森を中心に物語は展開していく!

誘惑の森832
ワンピース832話より引用 誘惑の森の木々たちが怪しくざわめく!

元々トットランドは“夢みたいな場所”で、当初から不自然なことが立て続けに起こっていた。

人間の心理とは不思議なもので“都合の良い不自然”はラッキーだと解釈し、“都合の悪い不自然”が起こって初めて「何かがおかしい」と気づく。

これは当然の心理の働きだけど、そういうところを明確に描写する尾田栄一郎先生はすごい!

鶴騎士ランドルフ!

前回“謎のウサギ”に突然の襲撃を受けたチョパナミ&キャロットだけど、今回も追撃の手は緩められない!

ビッグマム海賊団の鶴騎士ランドルフが3人を襲う!

ランドルフ832
ワンピース832話より引用 鶴騎士ランドルフの外見はこんな感じ!

彼の乗っている鶴の機動力はなかなかで、逃げモードのチョッパーにちゃんとついてこれるレベルだった。

キャロットによると、コイツは“ミンク族”ではないとのこと。

確かに同じ“ウサギ”ではあるものの、キャロットの雰囲気とは180度違う感じだね!

不思議の国のアリスの物語でも、その冒頭で「大変だ 遅刻する」などと慌てながらお茶会へと急ぐ“3月ウサギ”が登場する。

キャロットがこの3月ウサギの役割かと思っていたけど、きっと本命はランドルフなんだろう!

【スポンサーリンク】

逃げ惑う森の中で

キャロットのエレクトロの使用よって一旦ランドルフを振り切ったチョパナミ&キャロット。

しかし今度は誘惑の森の奇怪な“無限ループ”に出くわすことになる。

何度、どちらに逃げまわっても、前回埋まっていた“キモ巨人”の周辺に戻ってくる仕組みになっているみたいだ!

キモ巨人832
ワンピース832話より引用 キモ巨人のところに戻ってきてしまったチョパナミ

巨人に対してチョッパーは「良い目印だ」と評しているけど、この立場は後に逆転。

目印としてキモ巨人を役立てるどころか、むしろ巨人のところに吸い寄せられるかのようにループして戻ってきてしまう仕組みになっているみたいだ。

この森の仕組がだんだん薄っすらと浮かび上がってくる!

この辺りに関してはまた別のページで考察していこうと思っているけど、まさにおとぎ話に登場してくるかのような“迷いの森”って感じだよね!

巨人の元に戻ってきてしまうってことは、この巨人が何かしらの能力を行使しているんだろうか?

それとも他の場所にも全く同じ巨人が埋まっていて“似て非なる場所”の中で錯覚し続けているのだろうか?

ログポーズも狂っているから、このあたりの判断も難しいところだ!

続きは次のページでね!

【スポンサーリンク】