【ワンピース】845話衝突×決闘×ズタボロワンサイド!ネタバレ確定予想&考察!

ついにワンピース845話の情報に繋がる情報が公開されはじめたね。

以下、ネタバレ要素があるので注意して読んでいこう!

843話でサンジが見せた決意と覚悟は、どのような形で収束するのだろうか!

【スポンサーリンク】

845話衝突×決闘×割れるディストーション!ネタバレ確定予想&考察!

これまでも色々な角度から物語を掘り下げてきたけど、今回のサンジvsルフィの展開はキッツい!

特にサンジが自分の心を鬼にして、決死の思いでルフィを追い払おうとしたこと。

これは多くの読者の胸を深く突き刺したことだろう!

843
ワンピース843話より引用 自分の心を鬼にしてルフィを追い払おうとするサンジ!

サンジから申し込まれた決闘を受けて立ったものの、手も足も“出さない”ルフィ。

一方的なワンサイドゲームなんだ、この決闘は。

こんな形でサンジを失うくらいなら…その先はあえてここでは書かないけど、そういう覚悟を感じさせる流れだったと思う!

つまり…心は全く折れていない!さすが船長!

一方的にズタボロにされながらも叫んだルフィ。

「旅はまだ途中だぞ!おれはここで待ってるからな!お前が戻って来ねェならおれはここで餓死してやる!お前はおれの船のコックだから!おれはお前の作ったメシしか食わねェ!」

この言葉はサンジ対して“かなり大きな変化”を与える言葉だと思う!

【ワンピース】疑わないことそれが強さだ、頼むぞ船長モンキー・D・ルフィ!

自分のために命を賭けてくれる男。

それはオーナー・ゼフだけじゃないことを、サンジはまざまざと思い知ったはずだ!

ルフィの言葉は“サンジが打開策を模索し始める”ための、大事な引き金になると信じたい!

【スポンサーリンク】

「さよなら…ごめんね余計な事して…」

この表現には驚いたよね!

意外なことにナミの心のほうが折れていたみたいだ。

つまり今の状況はナミにとって“論理的に詰んでる”って判断された場面なんだね。

以下のカットでも相当しんどそうだったけど、ナミの心に寄り添うと胸が痛い!

img_1460
ワンピース843話より引用 ナミの複雑な表情…。

アーロン配下時代のナミと、今のサンジの境遇はよく似ている。

もしそのことをナミが知ったら、きっと助けようとするはずだ。

まだナミは何も気付いていない…。

でも、これはプラス材料でもある!

ついに打開の兆しが見えてきたような気がするのはバトワンだけだろうか!

【ワンピース】運命の特異点、サンジを奪い返す4つの方法と道標。

今の状況を総合的に判断すると以下。

  • ルフィの心は折れていない
  • ナミは真実に気付いていない(気付いたら別の行動を取る)

ざっくり2人の脳内を分析するとこんな感じになると思う。

ペドロ、ブルック、チョッパー、キャロット。

そのうちの誰か一人でもしっかりと真実に気付き全員で情報共有することが出来れば…。

思えばこれまでだって一筋縄でいった冒険なんて無かったし、簡単にクリア出来るならばそれは冒険とはいわない。

リベンジの流れは必ず訪れるはずだ!

また、ついに今回の844話では、ルフィの考え方の片鱗が垣間見えるセリフが本人の口から発せられた!

長くなったので続きは後半で!

【スポンサーリンク】