【三国無双】練師(れんし)の強さと人物像考察![OROCHI]

孫尚香付の女官として登場した練師。

無双シリーズではボウガンのような“弩”を使用して戦うスタイル。

今回はそんな練師について考察し、理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

練師(れんし)の強さと人物像考察!

むちゃくちゃクールな外見をしているから、性格的にも冷たいのかな?なんて思いたくなるけど、実は温かい部分も持っている女性。

そんな練師は、無双シリーズでは珍しいボウガンを使用して戦うキャラクターだ!

練師の外見は以下の様な感じ!

%e7%b7%b4%e5%b8%ab
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 練師(れんし)の外見はこんな感じ!

練師はその美しい容姿もあって、孫権との恋物語がある意味ひとつの見所になっているんじゃないかな!

外見的にはもはや“呉の甄姫”って感じで、似たようなオーラ放っている!

ムービーによっては甄姫と対峙するような場面もあって、このあたりはかなり胸が熱くなってくる部分だから、ぜひ確認してほしい!

戦闘面は女性キャラらしくスピードを活かして立ち回り、中距離からの狙撃で戦場を駆け抜ける感じだ!華麗!

【スポンサーリンク】

三国志における練師!

実際のモデルとなったのは歩練師であり、その美しさを見初められ、孫権の妻となったという歴史があるようだ。

さらに、後宮の中でも寵愛の受けっぷりはダントツで、孫権との間に2人の子をもうけている。

そのうえ彼女は嫉妬を知らず、後宮の他の女性達の後ろ盾にもなっていたこともあって、それは孫権からの信頼をより一層強固なものにしたようだ。

無双シリーズの練師とは少しイメージが違うけど、大奥っぽい感じかもしれないね!

当然孫権は時の権力者だったわけで、誰を皇后にするか?みたいな話で揉めることもあったらしい。

結局彼女が生きている内に皇后になることはなかったけど、死後に正式に皇后の位を追贈されることになったという。

この辺りにはちょっとしたロマンを感じるかもしれないね!

孫権としては既に死んでしまった女性を皇后として扱ったってことになるわけで、時の権力者がそういった行動を取るってことは、やっぱり孫権は“真実の愛”として練師のことを想っていたんじゃないかな?なんて思ってしまう!

遥か昔の物語だから、今となっては歴史に残されている情報から歴史を推察するくらいしか出来ないけど、想像力を働かせれば色々な可能性にぶちあたって胸が熱くなってしまう!

三國無双ファンはぜひ、小説の三国志(北方謙三さんのやつ)とか蒼天航路とかを読んで、三国志の時代に思いを馳せてみてほしい!

【スポンサーリンク】