【戦国無双】加藤清正の強さと人物像考察![OROCHI]

秀吉子飼いの将の一角、加藤清正。

今回はそんな加藤清正について考察し、理解を深めていきたい!

ゲームと歴史の両面から掘り下げつつ、彼の魅力の正体に迫ってみよう!

【スポンサーリンク】

加藤清正の強さと人物像考察!

KOEIの無双シリーズにおける加藤清正のビジュアルは以下のような感じ!

浅黒い肌に白髪が印象的な好青年…って感じだね!

同じ子飼いである石田三成、福島正則とはウマが合わないらしく、なんだかんだいつも喧嘩ばかりしている!

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e6%b8%85%e6%ad%a3
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 加藤清正の外見はこんな感じ!

石田三成がとんでもないコミュ障&プライド激高キャラであり、福島正規は超がつくほどのヤンキー系。

この2人のキャラが濃すぎるせいで、加藤清正の印象が一気に薄れてしまうのはバトワンだけだろうか!

石田三成にスポットライトが当たりがちだけど、無双シリーズでは子飼いの3人のうち加藤清正が最も常識人っぽい感じなんだよね。

だから3人がバラバラになってしまったのは加藤清正には責任はないぞ!多分!

ちなみにゲーム内では片鎌槍を用いて戦闘するバトルスタイルだ!

ねね様のことを大切意思っており、一部ではマザコンならぬ“ねねコン”と揶揄されることも!

【スポンサーリンク】

実際の加藤清正について!

賤ヶ岳の七本槍の一人としても数えられる加藤清正。

秀吉に従って各地を転戦して武功を挙げ、肥後北半国の大名にまでなった人物だ!

秀吉が倒れたあとは徳川家康の元で関ヶ原の戦いに参戦し、活躍した。

加藤清正はゲームの中だけではなく、実際にも素晴らしい武勇を持った武将だったんだね!

また、秀吉から家康へと渡ったところを見ると、次の情勢を読む“先見の明”にも長けている人物だったといえるだろう!

ちなみに彼は朝鮮出兵の際にも随行し、満洲のオランカイまで侵略するという功績を残している!

この時は得る物が乏しいため早々に朝鮮領内へ引き上げたされているけど、当時の武士たちが朝鮮まで出兵して戦を拡大していたことを考えると、なんだか胸が踊るような気分だ!

当時の加藤清正はどのような心境でオランカイ侵攻に臨んだんだろうね。

日本だけでは飽き足らず、朝鮮まで侵攻の手を伸ばした当時の大名たち。

彼らの戦国の世は大陸にまで飛び火し、やり方次第では今の世界地図が変わっていたかもしれない!

もしあの時日本の軍勢が朝鮮を領土としてしまっていたらどうなっていたんだろう!

バトワンは当然ながら戦争は絶対反対!って感じの考え方をしている。

でも、過ぎ去った過去を振り返れば“もしあの時少し歯車が違っていたら?”という可能性は考えずにはいられない!

歴史探求みたいになっちゃうけど、そういったところに思いを巡らせていくのも、考察力を高めるひとつの方向性かもしれないね!

【スポンサーリンク】