【戦国無双】北条氏康の強さと人物像考察![OROCHI]

戦国時代における相模国の大名、北条氏康。

今回はそんな北条氏康について考察し、理解を深めていきたい!

ゲームと歴史の両面から掘り下げつつ、彼の魅力の正体に迫ってみよう!

【スポンサーリンク】

北条氏康の強さと人物像考察!

KOEIの無双シリーズにおける北条氏康の外見は以下のような感じ。

三國無双シリーズにおける孫堅文台を彷彿とさせる、チョイ悪風の武将だ!

かなり野性味がある風貌だけど、それがまたワイルドで格好いい!

%e5%8c%97%e6%9d%a1%e6%b0%8f%e5%ba%b7
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 北条氏康の外見はこんな感じ!

いやー、いつかこんな感じのオッサンになれたら渋くていいだろうなぁ!

愛煙家であるようで、立ち絵やイベントシーンなどではキセルを吹かしているシーンが多い!

柄が悪いことで威圧感がとんでもないけど、これはこれでキャラクターが立っていていい感じだね!

ちなみに彼の使用武器は“仕込み杖”

仕込み杖の中に刀が仕込まれているばかりか、濃橙している時は“散弾銃”にもなってしまうというとんでもない代物だ!

当時の技術から行けば相当実現が厳しいテクノロジーなだけに、KOEIらしさ&無双らしさを感じてしまう!

こういった“非現実感”を堪能するのもまた無双らしさであるといえるだろう!

【スポンサーリンク】

実際の北条氏康いついて!

実際の北条氏康は、自ら陣頭に立った合戦では不敗を誇るほどの戦上手だったようだ。

ただし、自分が直接指揮を取らなかった三船山の戦いでは敗北も喫している。

つまり、彼自身が戦場に立てば、その指揮力によって戦局をひっくり返してしまう…といったタイプの武将だったように見受けられるね!

また、合戦では顔や体に幾度となく傷を負ったが、背中には傷を負わなかったといわれており、かなり豪胆で勇猛な武将だったことでも伝説となっている!

北条氏康の政治手腕!

また、北条氏康はそのイメージとは裏腹に、政治手腕にも秀でていたと言われている。

無双シリーズでは“ワイルドなチョイ悪オヤジ”って感じの印象で描かれているけど、実際には相当に細かい政治感覚を持っていたみたいだ。

年貢の割合を低めに設定することで百姓からの支持を集めたり、本拠である小田原に文化人や職人を呼び寄せることで文化を発展させたり、その功績とセンスはずば抜けていたと言わざるを得ない!

領土が発展すれば自然と百姓とかも集まってきそうな感じもするし、優秀な人材も集めやすそう。

そういった点を踏まえても、北条氏康は戦だけの武将じゃなかったことが明白になってくるだろう!

【スポンサーリンク】