【戦国無双】本多忠勝の強さと人物像考察![OROCHI]

徳川四天王の一人として有名な本多忠勝。

今回はそんな本多忠勝について考察し、理解を深めていきたい!

ゲームと歴史の両面から掘り下げつつ、彼の魅力の正体に迫ってみよう!

【スポンサーリンク】

本多忠勝の強さと人物像考察!

KOEIの無双シリーズにおける本多忠勝の外見は以下のような感じ!

無双OROCHIシリーズでは呂布とも戦う一幕を見せた!

戦国無双シリーズでは前田慶次にトラウマを抱えているファンも多いと思うけど、本多忠勝もなかなかのトラウマキャラっぷりを見せつけてくれたのが懐かしい!

%e6%9c%ac%e5%a4%9a%e5%bf%a0%e5%8b%9d
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 本多忠勝の外見はこんな感じ!

コイツに関してはステージにもよるんだけど、ステージによっては異様に強いことがあるよね。

豪槍を振りまわして放たれる一撃は、一発食らうだけでHPの3分の1くらいをゴッソリもっていかれる感じ。

間違って2発も食らってしまった日にはゲージが真っ赤っ赤になってしまうんだ。

これは三國無双の呂布並みのトラウマで、死にものぐるいで逃げ回った経験がある。

戦国無双の中でもかなりの強キャラってこともあって、かなり高い人気を誇っている。

やっぱみんな強い男が好きなんだね!さすが本多忠勝!

【スポンサーリンク】

実際の本多忠勝!

本名は本多平八郎忠勝。

生涯で参加した57の合戦において、なんと全て無傷で生還。

このことから“戦国最強の武人”として現在でも伝説に残っている!

57の戦で常に前線に出ていたとは限らないとはいえ、これは相当な戦績だよね!

ちなみに彼の使用していた武器は“天下三名槍”のひとつとまでいわれる“蜻蛉切(とんぼぎり)”と呼ばれるもの。

切れ味があまりに鋭く、刃先に止まったトンボが真っ二つに切れたという伝説が残っている。

これはもはや“カミソリ以上の切れ味”を持っているとさえ感じてしまうほどだ!

肩から大数珠を斜めに巻き、特徴的な兜をかぶった本多忠勝の威風は、現代人が対峙したらきっと腰を抜かしてしまうほどのものだったに違いない!

彼はあの織田信長かアアラも“花実兼備の勇士”と讃えられており、豊臣秀吉からは“天下無双の大将”と評価されるほどだった。

日本中にその武を轟かせた戦国最強の男、本多忠勝。

彼の伝説は現代に至っても戦国ファンにとっては語り草となっており、彼の話題だけで1晩酒が飲める!とまで言わしめるものらしい!

武勇の面ではこれほどまでに優秀だった本多忠勝だけど、最終的には病に侵されてしまい、隠居の上安らかに息を引き取ったとのことだ。

【スポンサーリンク】