【戦国無双】森蘭丸の強さと人物像考察![OROCHI]

「光秀様、ご謀反!!」のセリフで有名な森蘭丸。

今回はそんな森蘭丸について考察し、理解を深めていきたい!

ゲームと歴史の両面から掘り下げつつ、彼の魅力の正体に迫ってみよう!

【スポンサーリンク】

森蘭丸の強さと人物像考察!

KOEIの無双シリーズにおける森蘭丸のビジュアルは以下のような感じ。

年齢的にもかなり若いショタキャラみたいな感じで表現されているのが印象的だ!

控えめでおとなしい性格をしているものの、いざという時にはキリっとした側面を見せる!

%e6%a3%ae%e8%98%ad%e4%b8%b8
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 森蘭丸の外見はこんな感じ!

ツヤツヤとしたパッツン黒髪が彼の特徴。

バトルスタイルとしては身長くらいのサイズもある長刀を振りまわして戦闘する!

想像以上にリーチが長く、敵を一掃する時にかなり役立つ感じだ!

ちなみに無双シリーズにおける森蘭丸は完全に信長に心酔・崇拝しきっているフシがあり、信長のためなら簡単に命を投げ出してしまいそうな危うさを持っている。

なんとなく女性っぽい出で立ちをしていることもあってか、二次創作とかでは“女体化”の格好のモデルとなっているみたいだ!すごい!

森蘭丸は確かに中性的なところがあるもんね、なんかわかる気がする!

【スポンサーリンク】

実際の森蘭丸

無双シリーズをはじめ、現代の戦国者では“美少年”として描かれることが多い森蘭丸。

彼の本名は本名は森成利(もり・なりとし)といい、織田信長に小姓として寵愛を受けた人物であるとされる。

調べてみると、小姓とは武将や大名の側で雑用や護衛の任に就いた武士のことを指すのだそう。

また“色小姓”というのもあって、戦場などで女性がいない時に相手を勤めるという役割も兼ね備えていたみたいだ。

同時に森蘭丸は、男性による同性愛&少年愛などの通称とされる“衆道の関係”にもあったとされる。

この両側面が森蘭丸にはあったとみなされているみたいで、案外“女体化”とかで描かれるのは特別的外れなことではないみたいだ!

このあたりは現代の価値観だとだいぶ賛否両論があるところだとは思うけど、当時の時代から“オネエ系的なポジション”は存在していたってことだね!

戦国時代と現代とではオネエ系の解釈も大きく異なってくるんだろうけど、そういった歴史があったのかも?と考えるとなかなかに興味深いところだ!

ちなみに彼は本能寺の変において信長と共に死去。

小姓としての側面以外に、非常に優秀な人材でもあったことを考え合わせると、彼の早すぎる死はなかなかに悔やまれるものかもしれない!

【スポンサーリンク】