【戦国無双】稲姫の強さと人物像考察![OROCHI]

本多忠勝の娘として有名な稲姫。

今回はそんな稲姫について考察し、理解を深めていきたい!

ゲームと歴史の両面から掘り下げつつ、彼女の魅力の正体に迫ってみよう!

【スポンサーリンク】

稲姫の強さと人物像考察!

KOEIの無双シリーズにおける稲姫の外見は以下のような感じ。

非常に凛々しい雰囲気を持っている弓道の美女といった雰囲気だ!

戦場では当然ながら弓を駆使した戦闘を得意としている!

%e7%a8%b2%e5%a7%ab
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 稲姫の外見はこんな感じ!

本多忠勝の娘として、父譲りの武芸の才を持っている稲姫。

弓使用のキャラは少ないだけに、弓好きのプレイヤーは彼女を愛用していたことだろう!

また、性格面でも非常に柔らかい奥ゆかしさも持っていたりして、女性としても魅力的だ!

戦国無双4では彼女の夫であるでは夫である真田信之が登場。

夫である信之とその弟である真田幸村が敵味方に分かれ戦わなくてはならない悲劇を哀しむ場面も見られた。

兄弟に分かれて争い合うなんて戦国の世ではよくある話かもしれないけど、それでもやっぱり辛いことだよねきっと。

そんな痛みに寄り添い、共に苦しむことが出来る稲姫は、人間としても非常に温かい心の持ち主なのかもしれない。

【スポンサーリンク】

現実の稲姫について!

稲姫というのは幼名で、歴史上では“小松姫”というのが通称らしい。

徳川家の名将・本多忠勝の長女で、後に徳川家康の養女となったとされる。

関ヶ原の戦いで東軍が勝利したあとは、家の倹約に努つつも義父と義弟に仕送りをしながら、夫を支え続けたとされる。

ちなみに信之との夫婦仲は極めて良好だったそうだ。

病により彼女が亡くなった時、信之は「我が家から光が消えた」と言って悲しんだそうだけど、このエピソードからも彼女がいかに信之に愛されていたかがわかるよね。

武芸も父譲りといわれているけど、そういう勇ましい印象はバトワン的には薄い。

むしろ“献身的で愛されている信之の妻”といったイメージのほうがしっくり来る感じかもしれないね。

無双シリーズでもとても華奢な感じで表現されていたこともあるし、女性的な部分をナチュラルに感じやすい人物だと思う。

ちなみにドラマ“真田丸”では、女優の吉田羊さんが演じたことでも有名だね!

真田丸の物語の中では、家康に伴って自分も出陣する!と言い出したり、かなり勇猛な部分を感じさせる役回りだった!

これらの点を考え合わせると、いつの時代も女性は強く優しく、偉大なものなんだな…としみじみと感じてしまう!

稲姫のような女性と結婚できた男性はきっと幸せだね!

【スポンサーリンク】