【戦国無双】長宗我部元親の強さと人物像考察![OROCHI]

なぜかめっちゃバンドマンな男、長宗我部元親(ちょうそがべもとちか)。

今回はそんな長宗我部元親について考察し、理解を深めていきたい!

ゲームと歴史の両面から掘り下げつつ、彼の魅力の正体に迫ってみよう!

【スポンサーリンク】

長宗我部元親の強さと人物像考察!

KOEIの無双シリーズにおける長宗我部元親の外見は以下のような感じ。

“反骨・凄絶・上等”などといった言葉を乱発するほど好む男・長宗我部元親。

外見的には三味線を持ったロックンローラーといった感じの雰囲気だ!

%e9%95%b7%e5%ae%97%e6%88%91%e9%83%a8%e5%85%83%e8%a6%aa
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 長宗我部元親の外見はこんな感じ!

長宗我部元親の外見があまりに戦国時代からかけ離れているから唖然としたんだけど、戦闘面では超優秀。

スピード感もなかなかにあるし、何と言っても無双乱舞の攻撃力・攻撃範囲がかなり使いやすい印象がある!

戦国無双4では側室である小少将も登場し、彼女とのかけあいもなかなかにコミカルで良かった!

長宗我部元親はかなりポップなデザインに仕上がってるし戦国時代とか詳しくない人でも、使っていて楽しいキャラクターなんじゃないかな!

無双OROCHIではさらにハチャメチャで“今川義元と共に涼州の地に蹴鞠の国を建国”という奇行に及んだことが有名だ!

【スポンサーリンク】

実際の長宗我部元親!

実際の長宗我部元親は元々はひ弱な体格をしていたようだ。

それが元で“姫若子”と呼ばれ嘲笑われてしまうことにも繋がったのだという。

しかし、かれが初陣に出ると周囲の評価は変わった。

なんと長宗我部元親は、初陣で敵の首級を挙げる働きを見せたのだ!

以降、かれは“鬼若子”と讃えられるようになったのだという。

父親の後を継いで投手になった後は、父が考案した“一領具足”という半農半兵の戦闘集団を率い、積極的な領地拡大政策を行ったのだそう。

以後も彼の実力は破竹の勢いであり、土佐を統一するに至った。

土佐を平定したあとは柴田勝家や徳川家康と結びつつ順調に領土を拡大し、1585年には四国を統一。

最終的には秀吉に侵攻され降伏するに至ってしまったけど、瞬く間に四国を統一してしまった彼の才覚はまさに天才的だったといえるんじゃないかな!

ちなみに朝鮮を攻めた文禄の役、慶長の役でも参戦し、その腕を奮ったと言われている。

無双シリーズでは随分はっちゃけたキャラクターとして表現されているけど、実際には相当優秀だったことがわかるエピソードばかりだね!

長宗我部元親が四国を統一するタイミングがあと少し早ければ、歴史はもっと大きく変化していたかもしれない!

【スポンサーリンク】