【戦国無双】風魔小太郎の強さと人物像考察![OROCHI]

北条家の忍者として有名な風魔小太郎。

今回はそんな風魔小太郎について考察し、理解を深めていきたい!

ゲームと歴史の両面から掘り下げつつ、彼の魅力の正体に迫ってみよう!

【スポンサーリンク】

風魔小太郎の強さと人物像考察!

KOEIの無双シリーズにおける風魔小太郎の外見は以下のような感じ。

忍者というか、もはや魔物のような外見をしているのが彼の特徴だ!

彼を見ていると織田信長と似たような“人外のオーラ”を感じてしまってならない!

%e9%a2%a8%e9%ad%94%e5%b0%8f%e5%a4%aa%e9%83%8e
無双OROCHI2コンプリートガイド(上)より引用 風魔小太郎の外見はこんな感じ!

無双シリーズにおける風魔小太郎は「混沌」とか「壊す」といった言葉を多用する傾向があり、きっと中二病だ。

放っておくと「俺の封印されし左目が疼く」とか言い出しそうな感じ。

戦闘では腕が自在に伸びたり不可解な動きをするところがあるけど、これはこれで“忍術”ってことで深くは突っ込まずにおきたいところだ。

まぁ冗談はさておき、戦闘面ではなかなかに優秀なキャラクターだと思う。

忍だけにスピード感のある立ち回りが出来るのも大きなメリットだと思うし、風魔小太郎ファンは想像以上にいるんじゃいかな?

何においても突き抜けるのは大事。

風魔小太郎は中二病方面に思いっきり突き抜けた、忘れられないキャラクターとしてみんなの心に刻みつけられたことだろう!

【スポンサーリンク】

実際の風魔小太郎!

風魔一党は相模足柄郡に拠点を持つ忍者集団なんだそう。

相模足柄郡といえば、現代でいう神奈川のあたりだよね。

忍者って言うと“遥か昔の伝説”って印象が強くて、むしろ“ファンタジー”的な感覚さえおぼえてしまうところ。

でも、戦国時代の神奈川には実際に忍者が暗躍していたんだね。すごい!

ちなみに北条家に仕えること100年の間で最も有名なのは、五代目風魔小太郎なんだとか。

彼は大きい背丈に耳まで裂けた口、長い牙をもっていたと言われており、無双シリーズにおける風魔小太郎も真っ青の“魔物っぷり”で伝えられている。

忍といえば工作・撹乱・諜報などが主な役割だと思うけど、どうやらこの“五代目”に関しては時折戦にも参加し、闇夜に紛れた攪乱作戦を敢行して大暴れしたようだ。

本来の忍の仕事範囲よりも遥かに大きい範囲をカバーしたと思われる五代目風魔小太郎。

相対する敵軍の立場にたったとしても、口が耳まで裂けた大男が闇夜に襲撃してきたら絶望するしか無いところだろう!

調べて見るとこれらの全ての伝説に確定的な裏付けとなる資料が存在しているわけではないみたいだけど、戦国の世に思いを馳せるにはこれくらいの情報でも充分。

風魔小太郎が頭領としてコントロールした忍者集団、風魔一党。

彼の周りには日本の歴史…特に忍者にまつわるミステリーとロマンがふんだんに渦巻いていると思う!

【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】