【遊戯王】キースハワードとリボルバードラゴン考察、革命的カードプロフェッサー!

かつて全米市の賞金稼ぎとして名を馳せた男、キースハワード。

今回は彼について考察し、理解を深めていきたいところだ!

噛ませ犬感が高いにも関わらず、彼の実力はなかなかに高くて評価に値すると思う!

【スポンサーリンク】

キースハワードとリボルバードラゴン考察、革命的カードプロフェッサー!

キースハワードの外見は以下のような感じ。

賞金稼ぎとして活動していた期間が長いということもあり、あらゆるデッキを使いこなしていくスタイル。

しかし、その中でも特に最有力として活躍するのが“機械デッキ”であるといわれている!

%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%82%b9
遊戯王キャラクターズガイドブック真理の福音より引用 キースハワードの外見はこんな感じ

これ以上ないアメリカンな外見をしているせいか、キースハワードの外見は全体的にチープ。

しかし、それはそれで彼の人物像にある種の魅力をプラスオンしていることは間違いない!

かつて賞金稼ぎとしてペガサス・J・クロフォードにデュエルを選んだものの、千年眼の術中にハマり、弱点を見抜かれた上で敗北する形となってしまった。

この敗北がキースの人生に大きな影響を与えたのは疑いようのない事実だろう!

普通に考えて知性の勝負であるデュエルに“ミレニアムアイ”のような外道アイテムを用いること自体が反則のような気もするけど、それがまかり通る世界観だけに、仕方がないと割り切るしか無さそうだ。

【スポンサーリンク】

リボルバードラゴンの実力!

バンデット・キースの切り札として活躍したリボルバードラゴン。

キースハワードもチープだったけど、リボルバードラゴンもとってつけたようなデザインだ!

しかし、それはそれで“わかりやすさを追求する”という側面ではあながち的外れでもなく、なかなか秀逸なデザインであると判断することも出来る!

%e3%83%aa%e3%83%9b%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%a9%e3%82%b3%e3%82%99%e3%83%b3
遊戯王キャラクターズガイドブック真理の福音より引用 リボルバードラゴンはチープだけどかっこいい!

リボルバードラゴンは3つの銃身が各一回ずつ、二分の一の確率で攻撃できる…というと特性を備えていた。

運に任せた部分があるモンスターではあるものの、強力なスキルを持ち合わせていることは間違いない!

また、条件が揃えば“一気に3体のモンスターを破壊する”という荒業まで可能だったりするため、ドハマりした時の脅威はかなり高いといえるだろう!

ちなみに海外版では“現実に存在する武器”がダメという理由で、リボルバー部分がビーム砲になっているとのこと。

ビーム砲で攻撃したほうが遥かに攻撃力が高そうなだけに、ある意味ではファンを困惑させた演出変更であるといえるかもしれない!

【スポンサーリンク】