【遊戯王】海馬瀬人の強さと人物像、またはブルーアイズホワイトドラゴンについて。

遊戯王の主人公、武藤遊戯の永遠のライバルとして有名な海馬瀬人。

今回は彼についてバトワンなりの視点から考察していきたい!

彼に関しては本当にツッコミどころ満載でヤバい感じだ!

【スポンサーリンク】

海馬瀬人の強さと人物像、またはブルーアイズホワイトドラゴンについて。

海馬瀬人の外見は以下のような感じ。

外見的にはいい感じのイケメン男子であり、海馬コーポレーションの社長でもあるという点も相まって、典型的な“カリスマ系ライバル”といった印象だ!

どことなくドラゴンボールのベジータを彷彿としてしまう感じ!

%e6%b5%b7%e9%a6%ac
遊戯王キャラクターズガイドブック真理の福音より引用 海馬瀬人の外見はこんな感じ!

しかし、そんな海馬社長に関しては“とてつもない奇行”がどうしても目立ってしまう!

彼の行ってきた奇行はざっと見積もって以下のような感じ。

  • 遊戯が所持していた“青眼の白龍”を強引に略奪
  • 世界で4枚しか存在しない“青眼の白龍”の1枚を破り捨てる
  • 殺人鬼や殺し屋を雇って遊戯やその友達一行を襲わせる
  • 遊戯のじいちゃんである“武藤双六”を誘拐

これだけをザックリ見積もっても、相当に恐ろしい人物であることがよくわかる!

というか何をやってんだ海馬社長!だめだろこれは!

【スポンサーリンク】

青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)の使い手として!

そんな奇行の目立つ海馬社長だけど、デュエリストとしては超一流。

青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)を駆使した戦略は圧倒的であり、なんども遊戯達を苦しめた。

彼のブルーアイズに対する執着は、もはや常人のソレを遥かに越えていると思う!

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%99
遊戯王キャラクターズガイドブック真理の福音より引用 青眼の白龍(ブルーアイズホワイトドラゴン)の外見は以下のような感じ!

最新の遊戯王ではインフレが起こってしまっているから、ブルーアイズの実力もかすんで見える。

しかし、登場初期のブルーアイズのインパクトは絶大だったことが、今でも鮮烈に思い出せてしまうところだ!

攻撃力3000・守備力2500と他のカードと比較しても、圧倒的なステータスを誇っている!

1枚のカードで戦況が簡単にひっくり返ってしまう世界観の遊戯王ワールドにおいては、ブルーアイズのようなカードはまさに“切り札”といっても過言ではないといえるだろう!

ブルーアイズホワイトドラゴンの必殺技“滅びの爆裂疾風弾(ほろびのバーストストリーム)”は、もはや遊戯王ファンならば知らない人のいない有名な技として、歴史に名を残している感じだ!

カードゲーム業界広しと言えど、遊戯王を超えるインパクトを持つカードゲームは今後なかなか登場してこないだろう!

【スポンサーリンク】