【青春兵器ナンバーワン】新連載・第1話「転校生」確定ネタバレ感想&考察、バトワン的評価!

あ、伸びそう。

今回新連載となった“青春兵器ナンバーワン”を見た第一感はこれだった!

詳細は原作を呼んでもらうとして、以下はバトワンが感じた第1話の感想と考察を記しておく!

【スポンサーリンク】

新連載・第1話「転校生」確定ネタバレ感想&考察、バトワン的評価!

なんでもそうだけど“先駆者と開拓者”という関係が存在する。

で、今回の“青春兵器ナンバーワン”に関しては、先駆者に分類できる感じなんじゃないかな?

どこかで見たことあるような感じもあるのに、“これまでに無かった感”も併せ持っているから不思議だ!

また、人気が出る王道のパターンも踏襲している気がしてならない!

img_1173
青春兵器ナンバーワン1話より引用 巻頭カラーのイラストはこんな感じ!

対人造人間専門平和組織“MAPPO”に所属する主人公、北斗英二が主人公。

対人造人間…っていうから普通のバトルモノかな?と思っていたら、どうやらそうじゃないっぽい感じ。

今のジャンプは“悪と戦う系”“自由を求める系”はけっこうあるから、どうコンセプトを持ってくるか難しそう…などと思いながら読み進めていた。

img_1176
青春兵器ナンバーワン1話より引用 主人公の北斗英二!

MAPPOの訓練学校を主席で卒業したエリート、北斗英二。

普通の学生として生活しながらも、MAPPOとしての職務を果たす…というのが彼の今後の日常になっていきそうな感じだ。

そしてある日、彼のクラスにもう一人の主人公、難波・零一(なんば・ぜろいち)が転校してきたんだ!

img_1177
青春兵器ナンバーワン1話より引用 もう一人の主人公とおぼしき難波・零一(なんば・ぜろいち)

北斗いわく、難波は明らかに彼が密かに追っている秘密科学犯罪組織“ナンバーズ”のメンバーであるという。

なるほど、こういう感じか!

正義の組織MAPPOの隊員と、犯罪組織の人造人間・ナンバーズとの間の友情系物語。

これなら日常ギャグにも派生できるしバトルにも派生できるし、普通の切り口と違って面白くなりそうだね!

なんでも、彼は自分の意思で“ナンバーズ”を脱走してきたのだという。

零一がナンバーズを脱走してきた理由

零一がナンバーズを脱走してきた理由は至ってシンプル。

悪の組織に生まれた人造人間でありながらも、戦いに明け暮れ強さにばかりこだわる周囲の連中がバカバカしく見えたとのこと。

自分は自分なりの“青春”を堪能したい、と思ってのことのようだ!

img_1180
青春兵器ナンバーワン1話より引用 零一が飛び出してきた理由!

青春を求める人造人間・零一と、人造人間を倒すために配備された北斗。

今のジャンプにはない系統の設定だからこそ、これからどう展開していくのかわからない!

でも、わからないからこそ気にならずにはいられないんだ!

【スポンサーリンク】

追っ手をワンパンでKO!

また、組織を抜けてきた人造人間…ってことで“追っ手がかかっている”のはド定番。

全体がギャグ風味に味付けされていることもあって、この展開もスンナリ受け入れることが出来た。

しかし反面、追っ手の人造人間を“ワンパンで倒してしまった”というのは少しだけ引っかかってしまったかも。

img_1190
青春兵器ナンバーワン1話より引用 追っ手をワンパンで倒す零一!

他の雑誌だけど、ワンパンマンを思い返さずにはいられない読者が多かったんじゃないかな?

確かにワンパンで倒してしまうのは爽快なんだけど、人造人間らしくもうちょっと変化がほしかったのは事実だ!

とはいえまだまだ零一も他にワザを残していると思うし、戦闘面は今後に期待!って感じだね!

正反対だけど似ている二人、友情を繋いで行く感じが良い!

今回の第1話のシメは以下のような感じだった。

悪に青春を奪われた兵器・零一と、正義に青春を奪われた男・北斗。

この2人の間に生まれた奇妙な友情が、全てのスタートラインって感じだ!

img_1191
青春兵器ナンバーワン1話より引用 正反対だけど似ている二人!

それぞれがそれぞれの立場を越えて友情で繋がっていく…というのは定番だけど感動的だよね!

似てないようで似ている二人。

特に悪の組織出身である零一のほうに“歩み寄る姿勢”がある点は見逃せないと思う!

img_1192
青春兵器ナンバーワン1話より引用 悪の組織出身である零一にこそ、歩み寄る姿勢がある!

さて、この2人の“青春”をテーマにしたストーリーは、どんな感じで展開していくのかな?

あらゆる方向に方向転換できる柔軟性を持ちながら、インパクトのあるキャラ設定。

シルエットは“どらえもん”を彷彿とさせる馴染みある感じだし、ギャグを交えているから多少“辻褄が合わない”ようなことがあっても冗談でスルー出来る。

色んな意味でポイントポイントをしっかり抑えている作品なだけに、2話以降が楽しみでならない!

たぶん、期待出来ると思うよ!

【スポンサーリンク】