【KOF】草薙京(くさなぎきょう)の強さと人物像考察、炎を操る定番主人公!

KOFシリーズの主人公として不動のポジションを獲得した草薙京(くさなぎきょう)。

今回は彼について考察し、バトワンなりに理解を深めていければと思う!

まぁー、強いよね!

シリーズ通してかなり使いやすいキャラクターだと思うよ!

【スポンサーリンク】

草薙京(くさなぎきょう)の強さと人物像考察、炎を操る定番主人公!

草薙京の外見は以下のような感じ。

普通の学ランバージョンもあったりするわけだけど、外見的にはどこにでもいそうな青年…って雰囲気だよね!

しかしその実体は、草薙一族の末裔であり、炎を自在に操る草薙流古武術の使い手だったりする!

img_1440
キングオブファイターズ99EVORUTIONオフィシャルガイドより引用 草薙京(くさなぎきょう)の外見はこんな感じ!

キングオブファイターズのオロチ編では主人公を務めており、今でもかなり人気が高いキャラなんじゃないかな?

以前「バトワンはテリーボガードが好きだ」って話をしたと思うけど、草薙京も実は結構よく使っていた!

戦闘面でもかなり強烈な他空性能を持っていたりして使いやすいんだよね。

ちなみに性格は熱血系のイメージがあるんだけど、日常生活ではわりとクールに振る舞っているそうだ。

戦闘の時と日常生活でのギャップがあるキャラクター…燃える!

【スポンサーリンク】

八神庵との関係!

ライバル関係にある八神庵とは、実は一族としての因縁もあったりする。

庵が紫色の炎を出せるのはオロチの血の影響が作用しているとのことだけど、このあたりも踏まえて“宿命のライバル”った感じだね!

ちなみに庵も庵で“八神流古武術”という古武術の使い手であり、2人の因果の鎖がいかに綿密に絡み合っているかがよくわかるところだ!

あらゆる面で対になっている印象を受ける草薙京と八神庵。

この2人についてのエピソードは、これからのKOFワールドの中でも半ば半永久的につながっていくことだろう!

戦闘面における評価!

百八式・闇払いなどの“飛び道具”と、百式・鬼焼きといった“対空技”を併せ持ち、非常に使い勝手が良かった印象を持つ!

シリーズ後半からは徐々に百拾四式・荒咬みなどの近接技が増えてきて、バトワン好みじゃなくなっていった。

いや、とはいえ慣れてくると飛び道具はそこまで乱用しなくなってくるんだけどね!

しかし、乱用しないとはいえ飛び道具があるのとないのとでは結構多い違い。

距離を取った時のちょっとした呼吸の時に使えたりもするし、やっぱりあると心強いことは間違いない!

総合的にバランスの取れていたキングオブファイターズ94〜95あたりの京は特に扱いやすかったかな!

【スポンサーリンク】