【ワンピース】ワノ国徹底考察、これまでの状況から隅々まで暴きにかかってみる!

ゾウの国は、カイドウの手下であるジャックが徹底的なまでの横暴&シーザーの毒ガス兵器である「KORO」を使用して壊滅的なダメージを受けてしまったことが判明しました。

そしてその理由としてあげられるのがジャックによる「ワノ国の武人探索」が主な原因とされています。

尾田栄一郎先生は「ワノ国編を描くのが楽しみだ」という旨のコメントをしていますが、そろそろそのワノ国編が近づいてきている予兆が見え隠れしてきましたね。

そこで今回は少し長くなりますが、ワノ国について判明していることを徹底的に洗ってみようと思ってます。

【スポンサーリンク】

ワノ国について判明していることと、その考察

まずはワノ国について判明していることをこれまでの考察を踏まえて徹底的にまとめていきます。

ワノ国で重要となってくるキーワードは以下。

  • ワノ国は鎖国国家であり、カイドウに狙われている模様
  • ワノ国のサムライは強すぎて海軍でも手がつけられない
  • ワノ国のモチーフは和であり、そのモチーフは日本の物語だと考えられる

この3点が主な部分になってきますが、順に確認してきます。

ワノ国は鎖国国家であり、カイドウに狙われている模様

まず、ワノ国は鎖国国家です。

それはブルックのワノ国の描写からも明らか。

ワノクニ鎖国国家
ワンピース 第六十六巻 第655話より引用 ワノ国はの侍は強すぎて海軍も近づけない!

この描写からも実際の日本とワノ国を重ねているのは間違いないところでしょうね。

世界の夜明けを待つ男、ネコマムシの旦那は「日本の夜明けぜよ」で有名な坂本龍馬といったところでしょうか。

このあたりは確実に関連付けられて考えられていることは間違いありません。

807襲来ジャック
ワンピース807話より引用 ジャックはワノ国の武人を付け狙っている!

そして、ジャックがワノ国の武人を付け狙っているのも上記のカットから明らかです。

ジャックは四皇であるカイドウの部下であると位置づけられています。

四皇のカイドウは以下のような感じ。

カイドウ794
ワンピース795話より引用 百獣のカイドウの登場シーン、キッド達かなりピンチの様子!

このカットを見ても分かる通り、カイドウのデカさはハンパではありません。

迫力の描写としてあえて大きく描いたのかもしれませんけど、そうでなければこのサイズ感はまさにオーズくらいの体格であるといえるでしょう、

ちなみに過去の考察でバトワンはカイドウ=オーズ説を持ち上げていたりもします。

【ワンピース】四皇カイドウは国引きオーズである可能性!またはヒトヒトの実モデル“オーズ”か?

現時点ではこのどちらとも取れますし、カイドウは巨人族であるという線もありますから、まだなんともいえないところ。

カイドウについてはワノ国全体の構想について思うところがあるので、後述します。

【スポンサーリンク】

ワノ国のサムライは強すぎて海軍でも手がつけられない!

上記のカットでブルックは「ワノ国のサムライは強すぎて、海軍でも手がつけられない」との言葉を発しています。

ワノ国のサムライとして現在登場しているのは、今のところの五人になりますね!

  • 錦えもん
  • カン十郎
  • モモの助
  • 雷ぞう
  • 剣豪リューマ

順に確認していきましょう。

狐火の錦えもん

68巻炎を斬る
ワンピース68巻より引用 狐火の錦えもんは炎を斬ることが出来る!!

ワノ国のサムライと聞いて、最初に思い浮かぶのが彼、狐火の錦えもんですね。

パンクハザード編から麦わらの一味に同行しており、その後ドレスローザでもある程度共闘をしました。

炎を斬ることが出来たり、鉄も多少なら斬れるということで、アラバスタ編・Mr1と戦う前のゾロよりは確実に強いと考えられます。

カン十郎

カン十郎
ワンピース76巻より引用 カン十郎の初登場シーン

カン十郎は背中にたずさえた筆を使って絵を描くことによって、その絵を具現化することが出来る能力者。

サムライとしての腕は錦えもんのほうが上のような気がしますけど、この能力が影響してかなり汎用性の高いキャラクターになっていると考えられます。

ゾウを登象するときにもカン十郎が召喚した龍である「リューノスケ」が役に立ちました。

モモの助

70モモの助
ワンピース70巻より引用 モモの助も子供だがまたサムライでもある!

モモの助は子供ですが、上記イラストを見てもわかるとおり、サムライであることがハッキリしていますね。

ちょんまげがありますから、サムライというより「武士」といった感じでしょうか。

ちなみに武士は武芸をおさめ、軍事にたずさわった身分の者のこと。

侍は、武士でありながら、主君に使えている者を指すとのことです。

このことから、モモの助には主君がいる(いた)という可能性も生じています。

※追記:モモの助は光月家の跡継ぎということが判明しました。
上記の“主君”は“光月おでん様”ということで、一応的中!(親だけど大名)

【スポンサーリンク】

雷ぞう

雷ぞうは錦えもん達一行と行動を共にしていたとされる「忍者」です。

この雷ぞうに関してはまだ具体的な描写がされていないので、814話か815話あたりで明らかにされてくるかもしれませんね。

忍者というフレーズに関してはローも反応していたので、楽しみです。

【ワンピース】ローは忍者に興味がある?意外な一面が公開!

剣豪リューマ

48リューマは相当の迫力
ワンピース48巻より引用 剣豪リューマは相当の迫力だ!!

そして最後は剣豪リューマですね。

スリラーバーグでゾロには敗北したものの、ワノ国の伝説のサムライであるということで、ワノ国編でもその伝説の一旦を垣間見ることが出来るかもしれません。

何しろリューマの刀であった「秋水(しゅうすい)」は、ワノ国の国宝であるようですから。

これほどまでに強力なサムライたちに、ワノ国は守られている(いた)ことが判明しています。

しかし反面、鎖国国家なのにもかかわらず、このような描写も発見することが出来ました。

エースワノ国
ワンピース第五十七巻より引用 ワノ国で編み方を習った=エースがワノ国にいったことがあるという事実!

上記のカットをから分かる通り、エースがワノ国に行ったことがあるのは間違いない様子。

鎖国といえど、世界政府に対して対抗している程度であり、旅人は受け入れるスタイルだったのかもしれませんね。

エース一人でワノ国に立ち寄ったのか、それとも白ひげ海賊団のナワバリがワノ国だったのか。

バトワンとしては、白ひげ海賊団のナワバリとして守られていた…という線が上記のエースのカットからどことなく伝わってくるような気がします。

頂上戦争でその均衡が崩れたため、カイドウやジャックがワノ国を襲ってしまったのかもしれません。

ちなみに白ひげ海賊団にはイゾウというワノ国出身と思われる人物も登場します。

57イゾウ
ワンピース57巻より引用 イゾウの髪型は純和風だ。ワノクニ出身なのかも?

このあたりに関してはまだ尾田栄一郎先生も言及していなかったはずなので不透明な部分が多いところ。

しかしこの外見を見る限り、ワノ国の出身である可能性は高いでしょう。

また余談ですが、CP9のクマドリも怪しいところです。

42クマドリ
ワンピース42巻より引用 クマドリは歌舞伎モチーフであることは言うまでもない!

クマドリがワノ国の出身かどうかは今のところ本線のワノ国編とは関係してこなさそうな気がしますので、一旦説明は省こうと思います。

個人的にはなかなか好きなキャラクターなんですけどね!

【スポンサーリンク】

ワノ国のモチーフは和であり、そのモチーフは日本の物語だと考えられる

ワノ国のモチーフは和であることは間違いない事実。

そして、ここまでのワンピースを見ていると、様々な場面で「和」のエッセンスが散りばめられていることは明らかです。

現在考えられる「和のエッセンス」を徹底的に洗っていこうと思います。

メインのモチーフは三太郎シリーズとかぐや姫であると考えられる

まず、「和のエッセンス」の中で最も重要であると考えられるのがAUのCMでもおなじみの「三太郎とかぐや姫、そして鬼」だと思っています。

このあたりを踏まえて対応する人物をざっくりと見ていきましょう。

桃太郎:コビー

「桃太郎が誰に対応するか?」と考えた時、本来ならモモの助や戦桃丸が真っ先に思い浮かぶところですが、戦桃丸はどちらかというと金太郎に対応していると考えられます。

モモの助はちょっと、海軍の戦力となる絵が見えませんし。

このことから、他のキャラクターが桃太郎の役割になるのではないか?と考えるのがナチュラルです。

と、なった時にガープとおつるさんに拾われ、たくましく成長を遂げたコビーが桃太郎の立ち位置に立っている…と考えるのが最も納得が行くんですよね。

上記のカットからも、コビーがまるで別人のように成長していることは明らかです。

さらに、ゾロやキッド、ローですら立ち会っていない頂上戦争に参加するという偉業をさり気なく成し遂げているところも見逃せません。

海軍大将は今後、桃太郎・金太郎・浦島太郎の三人に入れ替わるかもしれませんね。

金太郎:戦桃丸

鉞担いだ戦桃丸
ワンピース52巻より引用 まさかり担いだ戦桃丸!ワノ国での登場に期待!

そして、上記で述べたとおり金太郎の立ち位置は戦桃丸であるに違いありません。

それはこの外見からも明らかだと考えられます。

まだ目立った活躍のない戦桃丸ですが、これからワノ国編では確実に出動してくるとバトワンは予想しています。

浦島太郎!

浦島太郎に関しては、今のところ誰がこのポジションにつくのか全く予想ができないところ。

まだ未登場のキャラクターかもしれません。

しかし、手がかりとして竜宮城がカギを握っているような気もするんですよね。

過去にあったフィッシャー・タイガーと天竜人の確執を解消できる誰か。

それが浦島太郎の役割を持つのかもしれませんね。

バルトロメオあたりが就任したら面白いのですが。

【スポンサーリンク】

鬼:カイドウ!!

最高の戦争
ワンピース795話より引用 カイドウの真の目的は世界最高の戦争を起こすこと!

三太郎の敵…日本の物語のラスボス役といえばやはり「鬼」ですよね。

この「鬼のポジション」を担うのは、確実にカイドウなのではないか?と思っているんですよ。

と、いうのも以下のカットを見てください。

エルバフの巨人伝説は非常に有名で、Mr3が神妙な顔つきで語っています。

14巨兵海賊団
ワンピース14巻より引用 巨兵海賊団は100年前のものではあるが、相当の脅威だったことがわかる

また、リトルガーデンにおいて巨人のブロギーは「巨人族の寿命は人間族の3倍はあり、だからこそ名誉ある死を望む」と語っています。

この「巨人族の寿命は人間族の3倍はあり、だからこそ名誉ある死を望む」というフレーズが、上記のカイドウの発した「最高の戦争を始めようぜ!!!」と同じ匂いを発していると感じるんですよね。

また、リトルガーデンのドリーとブロギーは「青鬼のドリー」「赤鬼のブロギー」と恐られていた模様。

ここでも「鬼」というフレーズが登場します。

もしかしたらワノ国編で登場するであろう「鬼ヶ島」の正体が「エルバフ」なのかもしれません。

かぐや姫

そしてもうひとつ、忘れてはならないのが「かぐや姫」の存在です。

ワンピースには月にまつわる描写が非常に多く、Dの一族の「D」も半月を表すと予想されていたりします。

このことから、かぐや姫の存在がこれから明らかにされていくかも知れませんね。

また、月といえばこの描写も気がかりですよね!

エネルの憧れ
ワンピース32巻より引用 方舟マクシムに乗って月へ向かうエネル!

このカットは32巻においてエネルが方舟マクシムに乗って月へ向かったところです。

そして、扉絵シリーズではエネルが月で色々と活躍していましたよね。

このことから、エネルの帰還も視野に入れてワノクニ編を考察していきたいと思っています。

まとめ

これまでのワンピースでは主に、麦わらの一味・敵役・第三勢力の三つ巴による戦いが中心となって描かれてきました。

しかし、ワノ国編では、麦わらの一味・敵役・海軍・第四勢力の四勢力によって物語が進行していくものと考えられます。

きっとドレスローザ編以上に長くなることは間違いないでしょうね。

バトワンの予想する4つの勢力は以下の様になります。

第一勢力 第二勢力 第三勢力 第四勢力
麦わらの一味
ルフィ・ゾロなど
海軍
コビー
戦桃丸など
ワノ国のサムライ
錦えもん
カン十郎
雷ぞうなど
カイドウの勢力
カイドウ
ジャックなど

この4つの勢力による乱戦が最も確率が高い(リアリティがある)のではないか?と思っています。

また、上記の内容における第二勢力には、黄猿が加わってくる可能性も大かな、などと予想もしていたり。

このあたりはまだまだゾウ編のあとの展開になってくるでしょうけど、いくら考察しても興味が尽きないところですね!!

【スポンサーリンク】