【はじめの一歩】伊達英二の強さ考察、ハートブレイク・ショットの使い手!

ハートブレイク・ショットの使い手、伊達英二。

今回は彼についてバトワンなりに考察し、バトワンなりに理解を深めていきたいと思うよ!

とても30前には見えない風貌で、ザ・イケオジ!って感じ!

【スポンサーリンク】

伊達英二の強さ考察、ハートブレイク・ショットの使い手!

伊達英二の外見表現は以下のような感じ。

彼に関しては、元WBA世界フェザー級1位&元日本・OPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオンという経歴を持っている人物。

一度はリカルド・マルチネスに破れて引退した経緯があるものの、以降の展開の中で再起・復帰を果たすことになった。

身体的な能力は若い世代に劣るであろうものの、技術の面ではかなり熟達したファイターだったよね!


アニメ・はじめの一歩より引用 伊達英二の外見表現はこんな感じだった!

一度はボクサーを辞めるところまでいった伊達英二。

26才にて復帰を果たすに至った経緯はとても感動的で「あぁ、好きなものがあるって格好良いなぁ!!」と感じさせてくれるもんだったと思う。

ファイトスタイルは距離を保ちながら攻撃を加えていく戦い方を得意とするものの、ひねりを加えて放つコークスクリューパンチを得意とするボクサーとして、強く印象に残った人物!

【スポンサーリンク】

ハートブレイク・ショットの使い手!

伊達さんの代名詞といえばハートブレイク・ショットだろう!

ハートブレイク・ショットとは、相手の心臓にコークスクリューブローを打つ事で、相手の心臓の動きを数秒間止めてしまうという大技。

これを受けると、相手は数秒も動きが停止してしまうので、かなり一撃必殺のパンチであるといえると思う!

腕に軸回転を加えることによって放たれるコークスクリュー(ワインの栓を抜く、コルク抜きからきたネーミングなんだそう)の威力がずば抜けていることも相まって、この一撃ははじめの一歩の作中でも最強クラスに印象の強い技となっていたように思えるかな!

一歩や宮田とやりあった時にもしっかりと存在感を発揮していたし、実質のところ「日本ボクシングの重鎮」的なニュアンスもあると思う。

作中では一歩にメンタル面におけるアドバイスを送ってくれてたり、非常に頼れる先輩ボクサーとして、印象に残っている人物だ。

ちなみに鴨川会長も、伊達英二の指導者の素質を高く評価している様子。

これらの点を考慮すると、もしかしたら彼はこれから自身の開設したジムで、世界チャンピオンとなるボクサーを排出するような、名指導者になるかもしれないね!

【スポンサーリンク】