【アンデッドアンラック】41話ネタバレ確定感想&考察、アンディ不死に気付く![→42話]

好調な展開が続くアンデッドアンラック。

今回は以下、41話を読んでのバトワンなりの感想&考察を示していきたいと思うよ!

アンディの記憶の中の世界…過去のアンディもめちゃ格好よかったよね!

【スポンサーリンク】

41話ネタバレ確定感想&考察、アンディ不死に気付く![→42話]

まず最初にチェックしたいのは以下のカット。

前話のラストでは風子がアンディに助けられる形で締めくくりとなった。

対して今回はそれ以降の展開だね!

風子が自己紹介をして、信用を勝ち得ようとしている!


アンデッドアンラック41話より引用 信用を勝ち得ようとしている風子!

以前から肝っ玉は極太だったけど、ここでも風子の根性が座ってるところがよく描かれてたと思う。

このシーンではむしろ、風子のほうが勢いがあるように見えるかな?

表情とかもなんとなくそのように感じるかも!

また、この時点ではまだアンディは自分が不死であることを知らない様子。

いわれてみればそうだよね、不死なんていうものは「死んでみなくちゃわからない」っていうシロモノ。

そのころを踏まえてみれば、アンディが不死に気付いていないのも理屈が通る。

しかしともあれ、ループ前の記憶はどうなってるんだろうね?

その辺りに関してはヴィクトルが独占しちゃってる感じなのかな?

【スポンサーリンク】

仲間の死を乗り越えて…!

次にチェックしていきたいのは以下のカット。

アンディたちのもとを訪れた謎の殺し屋たち。

彼らによってアンディの一味は一瞬のうちに全滅させられてしまった。

このときの一幕を経て、アンディは自分が不死であることに気付いたわけだね。

このシーンはアンディが仲間の復讐を果たしたシーンともいえる感じだろうか。

「死なないなら、痛みなんかどうでもいい」というのもまた、彼のぶっ飛んだ合理性を表したセリフな気がするね!


アンデッドアンラック41話より引用 彼のぶっ飛んだ合理性を表したセリフな気がする!

昔の記憶を失っているというアンディ。

そんな中でできた数少ない仲間を殺され、そしてその復讐をして…と、これだけでもかなり壮絶な人生を送っていることがわかる。

これから先は少しのあいだ風子と活動していくことになるんだろうけど、過去の世界の中で2人はどのような冒険をするんだろうか?

また、ここで2人が一度巡り合っているんなら、もとの世界に戻ったときに現代のアンディの記憶はどのようになっているんだろう?

この辺りの要素ももろもろ含めて考えていくと、1話進むごとにビシバシ伏線が張り巡らされてる感じがして面白いね!

アンデッドアンラックはただでさえ設定練り込みまくりの作品だけど、こういう工夫を見せてもらえると次なる展開がどんどん楽しみになってきてしまう!!

【スポンサーリンク】