【チェンソーマン】3話「東京到着」ネタバレ感想&考察、安定感を感じた&長期連載に期待!

かなりの安定感を感じた今回のチェンソーマン第3話。

うーん、これはもう大丈夫じゃないかな?

というか、作者さんの「思考の根っこ」が深い感じがするから、安心して応援していられる感じがするかも!(仮に適当にシナリオを書いても、ツジツマ崩壊とかが起こらなさそう)

以下、3話を読んでのバトワンなりの感想・考察を示していきたい!

【スポンサーリンク】

3話「東京到着」ネタバレ感想&考察、安定感を感じた&長期連載に期待!

あらゆるジャンルの漫画が出尽くした現代に置いて、既存のモノに新たなる意味を与えるのはとても大切な考え方。

そんな中でチェンソーマンは「デビルハンター」というフレーズに新たな見え方を提示してくれそうでとてもワクワクする作品!

以下、主人公であるデンジが“生々しく普通”である点にも注目したい!

よく「普通キャラ」っているけど、それって一般的には「モブキャラ」だよね。

でも、デンジは違う感じ。本当にリアルに観察された普通の少年…といった雰囲気が良い!


チェンソーマン3話より引用 普通の男の子感があるデンジ!リアル!

で、そんなデンジを今回まされたのが先輩である「早川アキ」なんだけど、彼もまたクレバー&クールでかなりしびれるキャラクター性を持っていると感じた。

デンジがデビルハンターになるに至った“よこしまな動機”に気付いた早川の行動。

無表情(しかも敵意ゼロに見える感じ0)での「ちょっとこい」からの、強烈な制裁鉄拳!!

呼び出した時点でこうする予定だったはずなのに、敵意を画しきっている辺りに彼の深さを感じたかも!


チェンソーマン3話より引用 ライバル的なキャラ、早川アキも味があってよかった!

で、ここからはしばらく2人のケンカのターン。

デンジが男と喧嘩する時は「金的狙いしかしない」というのは逆の意味で意外だったけど、この“犬猿の仲”は見ていて面白かった。

あと!

この「タバコだめだよ時代」において、こういう重要キャラに喫煙者を据えたのも反骨精神を感じる部分だったかも!

バトワンはタバコは吸わないからアレだけど、早川のキャラが立ってて良かった!

【スポンサーリンク】

これからこの2人、どうなることやら…!

この喧嘩は、2人の相性が現時点で結構最悪であることをよく示していたと思う。

でも、この喧嘩があったことで、デンジの覚悟がしっかり確認できてよかったよね!

これまで最低最悪の環境で生きていたこともあるから、今の環境は天国も同然…って感じなんだろう!

以下はデンジがどう成長してくるのか楽しみになるシーンだった!


チェンソーマン3話より引用 デビルハンターとしてのやる気は十分!

で、今回は早川の部隊にデンジが所属することが確定。

これからこの2人の関係はどう発展していくんだろうね!

よくあるライバルみたいに切磋琢磨していく…というよりは、憎まれ口を叩き合いながら支え合っていく…と考えるのが自然だけど、お互い相当嫌い合ってるみたいだから、どうなるかわからない。

今回はそういった面でけっこう振り切ったケンカを描いてくれたから、これが以降の期待感に繋がっているのかも!

で、ラストは以下のカットでフィニッシュだけど、これは「言ってみた」みたいな感じかな〜?


チェンソーマン3話より引用 誤解を招く発言をしてみるデンジ!

デンジは“早川もマキマさんを好き”なことに気付いてるから、ハグしてもらったことを湾曲して伝えることでマウンティング(オレのほうが上なんだぞアピール)をしたかったのかもね〜?

デンジの人物像もようやく少しづつ明らかになってきたし、早川さんもマキマさんもキャラ濃くて良い感じだし、チェンソーマンは本気で今後の看板になり得る作品のような気がする!

これからの飛躍が本気で楽しみでならないところだ!!

【スポンサーリンク】