【チェンソーマン】63話ネタバレ確定感想&考察、トーリカの師匠やばすぎィ![→64話]

今回も絶妙に面白かったチェンソーマン。

以下、975話を読んでのバトワンなりの感想&考察を示していきたい!

すっごい深い表現技法で、今回は特にバトワン的にサイコーだった!

【スポンサーリンク】

63話ネタバレ確定感想&考察、トーリカの師匠やばすぎィ![→64話]

何はともあれ、まずは以下のカットから。

前話ではクァンシと吉田の戦いが白熱してたんだけど、今回は早くも決着してた感じだね!

でも殴りじゃなくてぶん投げで退場に追い込もうとしたあたり、ちょっと気になったところがあるかな?

クァンシは吉田を殺そうとしなかった…って感じがするかも?


チェンソーマン63話より引用 クァンシは吉田を殺そうとしなかった…って感じがするかも?

で、案の定この流れから吉田はタコを召喚して一命を取り留める流れに。

とにかくこの戦いはこれにて一件落着となった。

で、問題はここから!やばかったのもここからだ!

トーリカの師匠が黒幕というか何というか、とにかくすごい活躍を見せたよね!

弟子であるトーリカは人形にされてしまったようだし!


チェンソーマン63話より引用 サンタクロースも生贄に!

で、上記のカットでは彼を生贄に使うことによって“地獄の悪魔”を使用。

ここから先の流れもとんでもない展開で、まさにたつきワールド全開だったように思う。

こんな表現が出来るのは、後にも先にもたつき先制くらいなんじゃないだろうか!

【スポンサーリンク】

地獄への誘い(いざない)の凄まじい表現…!

で、地獄へと導くにあたっての表現が以下だ。

これが実にエゲツなく、読者の多くの度肝を抜いたことだろう!

タンポポとアリ、巨大なる手。

ちなみにタンポポの花言葉は「愛の神託」「神託」「真心の愛」「別離」なんだそうだ。

地獄へ導く手と対象的なところが、強くギャップを強調している…!


チェンソーマン63話より引用 地獄への誘い(いざない)の凄まじい表現…!

で、実際に導かれた地獄が以下のような感じ。

ビルの中にいた者たちは一挙、ここに放り込まれてしまったようだ。

コベニちゃんや暴力の魔人、ほかにもアキやパワー、クァンシとその魔人も送り込まれてしまった様子。

これからこの地獄ではどんなことが起こるんだろう?


チェンソーマン63話より引用 これからこの地獄ではどんなことが起こるんだろう?

このシーンを見て最初に思い返されるのは、永遠の悪魔と戦った時のこと。

あの時は無限フロアの中に閉じ込められることになったけど、さて今回はどうなるのか。

地獄から出るのが目的となってくるだろうけど、永遠の悪魔の時よりも大変な戦いになってくるのは間違いないだろうな〜。

次回、展開される64話。想像もつかないチェンソーマンワールドを、おおいに楽しみにしていきたいと思う!!

【スポンサーリンク】